ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2017.08.29 12:47
更新日: 2017.08.29 12:50

IMSA:ポルシェ 2017年WSCC第10戦バージニア レースレポート


ル・マン/WEC | IMSA:ポルシェ 2017年WSCC第10戦バージニア レースレポート

IMSAウェザーテックスポーツカー選手権第10戦、ダンビル/アメリカ

バージニアで7位と8位でゴールしたポルシェGTチーム

 ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のニューポルシェ911 RSRは、バージニア・インターナショナル・レースウェイで開催されたIMSAウェザーテックスポーツカー選手権第10戦において912号車のステアリングを握るローレンス・バンスール(ベルギー)/ジャンマリア・ブルーニ(イタリア)組は7位で、もう一台の911号車を駆るパトリック・ピレ(フランス)/ディルク・ウェルナー(ドイツ)組は8位でゴールしました。

911号車ポルシェ911 RSRはコースアウトの影響もあり、8位に。
911号車ポルシェ911 RSRはコースアウトの影響もあり、8位に。

 アメリカ・バージニア州の5.263kmサーキットにて92周で争われたレースで、チームとドライバーによる徹底的な準備と見事なパフォーマンスが報われることはなく、トップポジションを争うことができませんでした。
 
 510PSのポルシェ911 RSRは今シーズン、IMSAのライムロックパークで初優勝、エルクハートレイク(ロード・アメリカ)で2位を獲得しています。

 IMSAウェザーテックスポーツカー選手権第11戦はカリフォルニア州ラグナセカにて9月24日に開催されます。

レース後のコメント


本日のレースクイーン

麻布チェリーズ
藤森マリナ(ふじもりまりな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング