ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.05.30 18:07
更新日: 2016.05.30 18:09

スバルWRX STI、逆境を跳ね返し激戦のニュル24時間SP3Tクラス連覇を達成


ル・マン/WEC | スバルWRX STI、逆境を跳ね返し激戦のニュル24時間SP3Tクラス連覇を達成

 5月28〜29日に開催された第44回ニュルブルクリンク24時間レースで、激戦のSP3Tクラスに参戦したスバルWRX STI NBRチャレンジ2016は、困難なレースを素晴らしいペースで走りきり、2年連続のSP3Tクラス優勝を達成。総合でも20位に食い込む大健闘をみせた。

ニュルブルクリンク24時間スタート直後のスバルWRX STI
ニュルブルクリンク24時間スタート直後のスバルWRX STI

■リストリクター、大クラッシュ……。16年の挑戦は苦難の連続

 カルロ・バンダム/山内英輝/マルセル・ラッセー/ティム・シュリックという2015年と同様のラインナップで、2016年のニュルブルクリンク24時間に挑んだスバル。しかし、連覇を目指した2016年の挑戦は、プロジェクト開始から苦難の連続となった。

 昨年の勝利によりエアリストリクターは縮小され、エンジンのパワーダウンを強いられたWRX STI。このクラスで最大のライバルなのは例年クラス首位を争うアウディTT勢だが、スバルは車体面での改良で、足りなくなったパワーを補い、アウディ勢に対抗しようとした。その改良を盛り込み、3月22日に例年どおり富士スピードウェイでシェイクダウンを実施した。

 山内がステアリングを握ったWRX STIは、午前中こそ順調に走行を進めていたが、午後の走行の際、1コーナーで激しくクラッシュしてしまった。山内は右肩を打撲。WRX STIは「全損では……!?」と思われるようなダメージを負ってしまった。

 しかし、スバル/STIはそこから懸命の努力でマシンを作り上げ、24時間レース2週間前に迫ったVLNニュルブルクリンク耐久シリーズにWRX STIを持ち込むことに成功する。迎えた24時間レースでは、予選でバンダムがアタックし、一時クラス首位を得るものの、最後は104号車アウディTTに逆転され、クラス2位となってしまった。

ニュルブルクリンク24時間を戦うスバルWRX STI
ニュルブルクリンク24時間を戦うスバルWRX STI


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

ダンロップ
生田ちむ(いくたちむ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング