ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.05.30 21:39

バースレーシングプロジェクト、悲願のニュル24時間クラス優勝を達成


ル・マン/WEC | バースレーシングプロジェクト、悲願のニュル24時間クラス優勝を達成

 5月28〜29日に開催された第44回ニュルブルクリンク24時間レースには、TOYOTA GAZOO Racing、スバル/STI、そしてニッサン/ニスモ等、日本からも数多くのチャレンジャーが挑んだが、スーパー耐久等で活躍するプライベーター、バースレーシングプロジェクト(BRP)も悲願のクラス優勝を遂げた。

 スーパー耐久ではホンダ・フィットを走らせST5クラスで大活躍をみせているBRPは、S耐で活躍したドライバーたちがニュルでも参戦できる道筋を作るべく、ニュルブルクリンク24時間にもルノー・クリオ・カップを使って参戦。排気量2000cc以下のSP3クラスで戦っている。

 2015年の挑戦では、ニュルブルクリンク名物と言えるオペル・マンタとの勝負となり、惜しくも敗れ2位となっていた。今季、リベンジを期してBRPは奥村浩一/梅本淳一/浜野彰彦/ルッツ・マルク・ルールという4人で挑戦していた。

 迎えたレースは、序盤から雹が降り赤旗中断となるなど大荒れのレースとなっていたが、4人のドライバーは着実にレースを走りきり、総合65位フィニッシュ。挑戦4年目にして、悲願のSP3クラス優勝を飾ってみせた。

BRPのルノー・クリオと奥村浩一/梅本淳一/浜野彰彦/ルッツ・マルク・ルール
BRPのルノー・クリオと奥村浩一/梅本淳一/浜野彰彦/ルッツ・マルク・ルール
BRP/ロードランナーレーシングの118号車ルノー・クリオ
BRP/ロードランナーレーシングの118号車ルノー・クリオ
BRPのルノー・クリオと奥村浩一/梅本淳一/浜野彰彦/ルッツ・マルク・ルール
BRPのルノー・クリオと奥村浩一/梅本淳一/浜野彰彦/ルッツ・マルク・ルール