ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.06.10 20:21
更新日: 2016.06.10 20:24

米独日の異種格闘技対決!?『ピレリ・ワールドチャレンジ』ってどんなレース?


ル・マン/WEC | 米独日の異種格闘技対決!?『ピレリ・ワールドチャレンジ』ってどんなレース?

 日本でもスーパーGTやスーパー耐久で見ることができるGT3規格のレーシングカーによるイベントが世界中で盛り上がりをみせているが、北米で人気を集めるサルーンレースの代表格、スポーツカー・クラブ・オブ・アメリカ(SCCA)『ワールド・チャレンジ』もその例外ではない。

 このシリーズは、1972年にSCCAによって立ち上げられたスポーツカーレースで、当初マシンは『価格3000ドル上限』とされており『ショールーム・ストック』と呼ばれていた。その安価な設定と身近な参戦車種が人気を呼び、その後の長い歴史を経て本格的なチャンピオンシップとなってから27年目となる今季は、GT/GTS/GTカップ/TC/ACA/TCBの6クラス、さらにドライバーレベル別のカップや今季より新設されたスプリントを含め、なんと計90台以上が年間エントリーする。

 車両の大まかなクラス感としては、『GTS』はシボレー・カマロやコルベット、フォード・マスタングと言ったアメリカンスポーツに、ロータス・エキシージやBMW M3、ポルシェ・ケイマン、ニッサン370Z、スバル・インプレッサSTIなどのGT4車両に準じるクラス。『TC』、および『TCA』はマツダ・アクセラやRX-8、ホンダ・シビックにフォルクスワーゲン・ゴルフなどの2リッター級、『TCB』はミニやマツダ・デミオ、フォード・フィエスタなどのBセグメントが主流となっている。

大いに盛り上がりをみせているSCCAワールドチャレンジ
大いに盛り上がりをみせているSCCAワールドチャレンジ


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング