ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.06.28 17:37
更新日: 2016.06.28 17:40

ブエミ「2日間現実を受け入れることができなかった」


ル・マン/WEC | ブエミ「2日間現実を受け入れることができなかった」

 6月18〜19日に開催されたル・マン24時間耐久レースで、優勝目前まで迫りながらも突然のトラブルに見舞われた5号車トヨタTS050ハイブリッドのセバスチャン・ブエミは、「2日間現実を受け入れることができなかった」と衝撃を語った。

 ポルシェ、アウディ、そしてトヨタという3ワークスの争いに沸いた2016年のル・マン24時間は、レース後半以降首位を奪った5号車トヨタTS050ハイブリッドが2号車ポルシェ919ハイブリッドとの激闘を展開。終盤、ポルシェ2号車の緊急ピットインにより、勝敗は決したかと思われた。

 しかし、中嶋一貴がドライブし、チェッカーまで残り6分というところで首位の5号車トヨタTS050ハイブリッドに、ターボチャージャーとインタークーラーを繋ぐ吸気ダクト回りの不具合が発生。残り3分で2号車に首位を明け渡す結果となってしまった。

 この結果に対し、中継映像にはドライバーたちが落胆する様子が映し出されたが、アンソニー・デイビッドソンとともにピットで見守っていたブエミは、「僕はイライラしたし、怒りを覚えたし、2日間現実を受け入れることはできなかったよ」と心境を語った。

「これを運命と呼ぶのかなんなのかは分からない。なぜ24時間後じゃなくて、23時間55分でこんなことになるのか分からなかったんだ」とブエミ。

5号車トヨタTS050ハイブリッド
5号車トヨタTS050ハイブリッド


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

RAYBRIG
黒崎はるか(くろさきはるか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング