ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.07.02 18:20
更新日: 2016.07.02 18:23

ル・マン制覇から25年。マツダ・プロトが特別カラーでワトキンスグレンに挑む


ル・マン/WEC | ル・マン制覇から25年。マツダ・プロトが特別カラーでワトキンスグレンに挑む

 25年前の1991年、日本の自動車メーカーとして初めてル・マン24時間を制したのがマツダ。いまでも世界中で語り草となっている偉業だが、そんなマツダのル・マン制覇25周年を祝い、7月3日に決勝が行われるIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権ワトキンスグレン戦に、往年のカラーリングが復活した。

 1991年にル・マンを制したマツダ787Bは、当時のレナウンのブランド『チャージ』の独創的なオレンジとグリーンのカラーリングが施されていたが、今季IMSAウェザーテック・スポーツカーにマツダMZR-2.0T・4気筒直噴ターボを積む2台のマツダ・プロトタイプに、そんな思い出深いカラーリングがあしらわれた。

 トリスタン・ヌネス/ジョナサン・ボマリト/スペンサー・ピゴットという3人がドライブする55号車は、往年のチャージカラーを再現。オレンジとグリーンの塗り分けに。一方、ジョエル・ミラー/トム・ロング/ベン・デブリンという3人がドライブする70号車は、チャージカラーのパターンを再現しながらも、近年のマツダのイメージカラーであるソウルレッドとシルバー、マシングレーに塗られ、マツダブランドとマツダ・モータースポーツの現在と未来を象徴している。


本日のレースクイーン

2020リアライズガールズ
霧島聖子(きりしませいこ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング