ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.07.23 21:48

ポルシェLMP1レーシングカーにおけるハイブリッドテクノロジーのしくみ


ル・マン/WEC | ポルシェLMP1レーシングカーにおけるハイブリッドテクノロジーのしくみ

プレスインフォメーション
2016年7月22日

FIA世界耐久選手権(WEC)LMP1のテクノロジー

ポルシェのレーシングカーにおけるハイブリッドテクノロジーの仕組み

ドイツ. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)のル・マン・プロトタイプ・クラス1(LMP1)用のポルシェ919ハイブリッドは、来る7月23日に、2016年のドイツにおける唯一の出場機会であるFIA世界耐久選手権第4戦「ニュルブルクリンク6時間レース」に参戦します。シリーズをリードするこのマシンは、タイトル防衛のためにポイント獲得を目指して戦うと同時に、もうひとつの使命も担っています。それは、将来のスポーツカーのための技術開発です。

 ポルシェは、919ハイブリッドにより、レーシングスピードでの新たなテクノロジー分野を開発しました。2015年に公開された公道走行可能な完全電動スポーツカー「ミッションE」のために、設計者達はプロトタイプレーサーから800Vテクノロジーを採用しました。ポルシェは、2度のル・マン優勝を果たしたマシンの設計において、とりわけドライブ・コンセプトに関してあらゆる可能性を徹底的に追及しました。その中には、ポルシェが今までに作り上げた最も効率的なエンジンである2リッターV型4気筒ガソリンターボエンジン、そして2種類の異なるエネルギー回生システムがあります。

 制動時、フロントアクスルのジェネレーターが車両の運動エネルギーを電気エネルギーに変換します。分岐したエグゾーストシステムの中では、1つのタービンがターボチャージャーを駆動する一方で、もう1つのタービンが余剰エネルギーを電気エネルギーに変換します。全回生量のうち、制動エネルギーが60%を占め、残り40%は排気ガスから得られます。回生された電気エネルギーはリチウムイオンバッテリーに一時的に蓄えられ、要求に応じて電気モーターへ供給されます。「要求に応じて」とは、ドライバーが加速したい時にボタンを押すだけでエネルギーを呼び出せることを意味します。最新のレギュレーション変更に従って、エンジンの最高出力が500PS(368kW)を下回っているのに対し、電気モーターの出力は400PS(294kw)を軽く上回ります。

ポルシェ919ハイブリッドが搭載するV4エンジン
ポルシェ919ハイブリッドが搭載するV4エンジン


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
神﨑沙穏(かんざきさおん)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング