ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.06.09 22:16

ポルシェ919ハイブリッド ル・マン24時間テストデーレポート


ル・マン/WEC | ポルシェ919ハイブリッド ル・マン24時間テストデーレポート

プレスインフォメーション

2016年6月09日

ル・マン24時間レース テストデー

2016年ル・マン24時間耐久レーステストデー ポルシェ919ハイブリッド
2016年ル・マン24時間耐久レーステストデー ポルシェ919ハイブリッド

ポルシェ919ハイブリッドが郊外の公道を320km/h超で走行

 ドイツ. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)が参戦する2016年のル・マンのイベントが始まりました。ポルシェチームは、6月18日から19日に開催される24時間レースに向けて、公道9.2kmを含む1周13.629kmのサルテサーキットで走行できる唯一の機会となるテストデーへ2台のポルシェ919ハイブリッドで参加しました。公道には、有名なミュルサンヌ・ストレートも含まれ、900PSを発揮するポルシェのル・マン・プロトタイプ(LMP1)の速度は320km/hを大幅に上回ります。

2016年ル・マン24時間耐久レーステストデー ポルシェ919ハイブリッド
2016年ル・マン24時間耐久レーステストデー ポルシェ919ハイブリッド

 テストデーの午後早くにマーク・ウェバーがポルシェ919ハイブリッドの最速ラップである3分22秒270を叩き出しました。このオーストラリア人ドライバーは、ティモ・ベルンハルト(ドイツ)およびブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)とチームを組みます。FIA世界耐久選手権(WEC)の現チャンピオンである919ハイブリッドはWECにおける究極のハイライトであるル・マン24時間でカーナンバー1をつけて走ります。

 カーナンバー2をつけたもう1台のポルシェ919ハイブリッドのニール・ジャニは、3分22秒334のラップタイムを記録し、カーナンバー1に劣らぬラップタイムで走行しました。スイス人ドライバーであるジャニは、チームメイトのロマン・デュマ(フランス)およびマルク・リーブ(ドイツ)とともに、今シーズンのWECドライバー部門をリードしています。

 この日、特に午前中は路面が滑りやすくなっていましたが、昨年とは違い、雨は降りませんでした。2台のポルシェ919ハイブリッドは7時間半で合計173周(2,357.8km)を走行しました。午後のセッションでは、残り30分となった17時30分に起きたアクシデントにより激しく損傷したガードレールの修理のためレッドフラッグが出されました。ベストタイムはカーナンバー8のアウディが記録した3分21秒375でした。


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング