ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2018.08.22 10:51
更新日: 2018.08.28 12:21

ポルシェ 2018/19年WEC第3戦シルバーストン レースレポート


ル・マン/WEC | ポルシェ 2018/19年WEC第3戦シルバーストン レースレポート

FIA世界耐久選手権(WEC)第3戦、シルバーストン/イギリス

ポルシェが2クラスで表彰台を獲得

 ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)は、イギリスのシルバーストンで開催されたFIA世界耐久選手権(WEC)の波乱に満ちた第3戦において、510PSのポルシェ911 RSR 92号車のステアリングを握るケビン・エストーレ(フランス)/ミハエル・クリステンセン(デンマーク)組が3位を獲得しました。
 
 91号車のリヒャルト・リエツ(オーストリア)/ジャンマリア・ブルーニ(イタリア)組は、2位でチェッカーを受けましたが車高違反により失格となっています。

 6万240人の観客が見守るシルバーストンでは、5つのメーカーによる10台の車がGTEプロクラスの優勝を競いました。
 
 さらに4台のポルシェ911 RSRがGTEアマクラスに参戦し、デンプシー-プロトン・レーシングから出場したポルシェ・ヤングプロフェッショナルのマット・キャンベル(オーストラリア)/クリスチャン・リード(ドイツ)/ポルシェ・ジュニアのジュリアン・アンドロウアー(フランス)組が優勝を飾りました。

優勝したマット・キャンベル、クリスチャン・リード、ジュリアン・アンドロウアー組
優勝したマット・キャンベル、クリスチャン・リード、ジュリアン・アンドロウアー組

 
 ポルシェはGTEプロクラスのマニュファクチャラーズ選手権と、GTEプロとGTEアマのドライバーズ選手権で首位となっています。

 気温23度、時折雲に覆われた空の下で、イギリスの観客たちは、トップが激しく入れ替わる迫力満点のレースを楽しみ、そのなかでエストーレ/クリステンセン組は渾身のレースを繰り広げました。
 
 ポルシェ911 RSR 92号車を駆るエストーレは見事なスタートを切った後、総勢34台の中から先頭集団のクラッシュを最大限に利用して、GTEプロクラスのトップに立ちます。クリステンセンは、2回目のスティントで発生したタイヤトラブルで6番手まで後退したものの、的確なピットストップ戦略で首位に返り咲いてリードを保ちます。
 
 終盤にはトップの座を譲り渡すことになりましたが、この2名のル・マン覇者は、ドライバーズ選手権の首位を維持しています。


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

Freem Motorsport Lady
加乃ほのか(かのほのか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング