ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.09.16 11:42
更新日: 2016.09.16 12:03

WEC:COTA開幕FP1は1秒に5台の激戦! アウディのジャービスがトップ


ル・マン/WEC | WEC:COTA開幕FP1は1秒に5台の激戦! アウディのジャービスがトップ

 北米大陸2連戦となるWEC世界スポーツカー耐久選手権の第6戦、アメリカ・オースティン・ラウンドが開幕。オープニングセッションとなったFP1で、オリバー・ジャービス/ロイック・デュバル/ルーカス・ディ・グラッシ組8号車アウディR18がトップタイムをマークした。

 トップタイムを記録したジャービスは90分間のセッション終了間際まで3番手につけていたが、最後のフライングラップで見事にタイムを更新。先行していた2号車ポルシェ919ハイブリッドのニール・ジャニを交わし、1分48秒453のタイムを記録。2号車ポルシェをわずか0.047秒逆転し、僅差の首位となった。

 1分48秒500で2番手となったジャニに続くのは、こちらもセッション終盤にタイムを更新し、トップから0.436差の好タイムをマークしたアウディ7号車アンドレ・ロッテラーとなり、6台がエントリーするLMP1-Hマシン中、5台が1秒以内にひしめく接戦が繰り広げられている。

トップタイムをマークしたジャービス(手前)だけでなく、ロイック・デュバルらも好タイムを記録
トップタイムをマークしたジャービス(手前)だけでなく、ロイック・デュバルらも好タイムを記録

 ジャービスのチームメイトであるロイック・デュバルとルーカス・ディ・グラッシも、1分48秒中盤でロングランのプログラムをこなし、アウディのセットアップが順調に進んでいることをうかがわせる。

 そのすぐ背後、4番手にはポルシェの1号車をドライブするティモ・ベルンハルトが1分49秒248をマークし、首位からは0.795のギャップにつける。

 一方、トヨタのTS050ハイブリッドは、マイク・コンウェイが1分49秒361の5番手となり、ジャービスからは0.908秒のビハインドとなっている。

ポルシェ・ワークスの919ハイブリッド2台も秒差をキープ
ポルシェ・ワークスの919ハイブリッド2台も秒差をキープ

小林可夢偉もF1以来のCOTA、LMP1-Hでの走行は初となる
小林可夢偉もF1以来のCOTA、LMP1-Hでの走行は初となる


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

T-DASH JLOC エンジェル
亀澤杏奈(かめざわあんな)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング