ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2019.06.14 08:01
更新日: 2019.06.14 10:56

ル・マン24時間:小林可夢偉&トヨタがポールポジション獲得。トヨタは3年連続のフロントロウ独占


ル・マン/WEC | ル・マン24時間:小林可夢偉&トヨタがポールポジション獲得。トヨタは3年連続のフロントロウ独占

 第87回ル・マン24時間耐久レースは現地時間22時から2時間の予選2回目が行われ、マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組7号車トヨタTS050ハイブリッドがポールポジションを獲得。可夢偉は自身2回目のポールシッターとなった。2番手にはセバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/フェルナンド・アロンソ組8号車トヨタがつけ、TOYOTA GAZOO Racingが2年連続のフロントロウ独占を果たした。LM-GTE Amクラスは、星野敏が乗るデンプシー・プロトン・レーシングの88号車がクラスPPを獲得した。


本日のレースクイーン

KT Honey
小嶋みやび(こじまみやび)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング