ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2019.10.28 14:41
更新日: 2019.10.28 22:57

ELMS第6戦:クラッシュ多発のポルティマオ。IDECスポーツが0.4秒差で勝利をもぎ取り逆転戴冠


ル・マン/WEC | ELMS第6戦:クラッシュ多発のポルティマオ。IDECスポーツが0.4秒差で勝利をもぎ取り逆転戴冠

 全6ラウンドで争われる2019年のELMSヨーロピアン・ル・マン・シリーズ最終戦ポルティマオが10月27日、ポルトガルのアルガルベ・サーキットで行われ、ランキング2位で最終戦に乗り込んだIDECスポーツの28号車オレカ07・ギブソン(ピエール・ラファグ/ポール・ループ・シャタン/メモ・ロハス組)が4時間レースで優勝。逆転でシリーズチャンピオンを獲得した。

 フィル・ハンソンとフィリペ・アルバカーキを擁するユナイテッド・オートスポーツの22号車オレカ07を先頭にスタートが切られた決勝は1周目、ターン5出口でカーリンが走らせる45号車ダラーラP217のスピンをきっかけに合計7台が絡む多重クラッシュが発生し、いきなり赤旗が提示される。


本日のレースクイーン

ADVICS muta Racing fairies
藤井マリー(ふじいまりー)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング