ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.10.14 16:02
更新日: 2016.10.14 16:12

今季限りで第一線を退くウエーバー、「引退を考え出したのは5月ごろ」


ル・マン/WEC | 今季限りで第一線を退くウエーバー、「引退を考え出したのは5月ごろ」

 今シーズン限りでレースの第一線を離れ、現役を引退することを発表したマーク・ウエーバーが、14日(金)に富士スピードウェイで開幕したFIA世界耐久選手権(WEC)第7戦のプレスカンファレンスに登場。引退を決断するに至った経緯を語った。

 2002年から13年までF1で活躍、翌年からWECに転向しチャンピオンを獲得しているウエーバー。今季もティモ・ベルンハルト、ブランドン・ハートレーらとタッグを組んで、ランキング4番手につけており、走りに陰りは感じられない。

WEC富士 1号車ポルシェ919ハイブリッド
WEC富士 1号車ポルシェ919ハイブリッド

 そんなウエーバーは会見で「(今年5月に行われた)第2戦スパのころから(引退が)頭をよぎることがあった」と明かす。

「最終的な決断を下すには時間がかかったけれど、素晴らしいスタッフと仕事ができるポルシェで(ドライバーとしてのキャリアを)終えたいと感じたんだ」

「今はテストやミーティング、チームのための活動をこなしながら、レースに臨んでいる。ただ、人生は短く、ほかのことにも取り組んでみたいと思うようになってきた」

「もちろんドライバーとしての活動を続けながら、(休日に)ゆっくり映画を楽しんだりすることもできるだろう。ただ、午前3時に起きてサーキットへ向かってレースを戦うためには、相応の情熱が必要になる」


本日のレースクイーン

WAKO'S GIRLS
南まりあ(みなみまりあ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング