ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2021.01.30 12:30
更新日: 2021.01.30 08:11

ライバルとなったかつてのチームメイト、冗談混じりの対抗心と『GTLMとGTDの違い』を語る/IMSA


ル・マン/WEC | ライバルとなったかつてのチームメイト、冗談混じりの対抗心と『GTLMとGTDの違い』を語る/IMSA

 近年のインターコンチネンタルGTチャレンジやニュルブルクリンク24時間レースにおけるポルシェ911 GT3 Rの経験から、GTLMクラスからGTDクラスへの切り替えでもっともアジャストが必要なのはブレーキについてだとバンバーは言う。

「ABSを使ったブレーキングに、再び慣れてきたところだ」とバンバーは語った。

「それが慣れる必要のある、特別な点だ」

「GT3ではピレリタイヤには慣れているが、(IMSAで使う)ミシュランにはまったく慣れていない。僕らはそれに慣れる必要がある」

「また、20台のマシンでのレーススタイルも、少々異なる。僕らはこれまで、通常は6台のクラスで戦ってきたからね。GTLMではトラックポジションを失うことを、それほど気にする必要がなかったから、アグレッシブな戦略を採ることができた」

「だがGTDでは、4番手から20番手に転落することもある。これがダイナミックに異なるところだと思う」

「トラフィックも、より頻繁にマネージメントすることになるだろう。だけど、(先週デイトナで行なわれた)予選レースではそれほど悪くなかったね」

「GTDでの経験を持つドライバーたちは、学ぶべきことがある僕らに対してアドバンテージはあると思うけど、それほど大きな問題ではない」

バンバーがドライブするチーム・ハードポイントEBMの88号車ポルシェ
バンバーがドライブするチーム・ハードポイントEBMの88号車ポルシェ

 渡航制限の影響により、ファントールは先週の公式テストの前に初めて直接チームと顔を合わせたという。

「過去4年間、ポルシェのGTLMチームとともに戦ったので、確かに少しの適応は必要だけど、知らない環境ではないからね」とファントール。

「いま僕は新たな人々、チームメイト、これまでとは異なるクルマに慣れているところだよ」

「いまのところ、すべてが順調に進んでいる。チームに加わる前から、パフ・モータースポーツとザカリーについては素晴らしいと聞いていた」

「僕らは、タイトルのために戦うことができる、非常にいい環境にいると思う。それが、確かなる目標だよ」


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

SHADE GIRLS 2021
鈴木星海(すずきせら)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング