レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2022.08.23 13:15
更新日: 2022.08.23 13:18

WEC富士で「勝つ必要がある」7号車のコンウェイが挙げるタイトル防衛に望みをつなぐポイント

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


ル・マン/WEC | WEC富士で「勝つ必要がある」7号車のコンウェイが挙げるタイトル防衛に望みをつなぐポイント

 TOYOTA GAZOO Racingのマイク・コンウェイは、WEC世界耐久選手権におけるタイトル防衛の希望を維持するためには、彼と小林可夢偉、ホセ-マリア・ロペスの7号車トヨタGR010ハイブリッドのクルーが富士6時間レースで「勝利する必要がある」と語った。

 ル・マン・ハイパーカー(LMH)規定の下で、2021年に開始されたWECハイパーカークラスの初代王者となったコンウェイたちは、全6戦で争われる今季の第4戦モンツァを終えた段階でランキング3位に位置し、アルピーヌのニコラ・ラピエール/マシュー・バキシビエール/アンドレ・ネグラオ組から30ポイント、トヨタ8号車を駆るセバスチャン・ブエミ/平川亮/ブレンドン・ハートレー組にも20ポイントの差をつけられている。

 2022年シーズンの残るレースはふたつ。そのうち、最終戦バーレーン8時間はレース時間が長いため通常よりも多くのポイントを獲得できるが、コンウェイは7号車トリオのタイトル防衛に向けては次戦のWEC富士が重要になると考えている。

 トヨタの7号車は開幕戦セブリング1000マイルでシャシー交換を余儀なくされるほどの大クラッシュを喫しノーポイントに終わった。以来、コンウェイらはこの遅れを挽回しようと努めている。

 彼らは第2戦スパで優勝し、ル・マンでは2位表彰台を獲得。モンツァでは3位となった。これはアルピーヌとトップ争いを繰り広げるなかで、可夢偉がバキシビエールと接触し90秒のペナルティを受けたことが影響した。

 そんな7号車がふたたびタイトルを獲得するには、9月9~11日に富士スピードウェイで開催されるトヨタの“ホームラウンド”で勝利することが近道だが、残り2戦のうち、どちらかでアルピーヌが表彰台圏外でレースを終えることも必要だ。

「富士の後、バーレーンでの僕たちの役割が何かわかるようになるだろう」とコンウェイはSportscar365に語った。

「他のマシンに何が起こるかによるが、まだ大きな開きがあるかもしれない。明らかなのは、僕たちには強いものが必要だということ。富士で勝たなくてはならないということだ」

「仮にチームメイトが2位、アルピーヌが3位になっても、(アルピーヌには)それなりのポイント差があり、追いかけるにはまだ大きなギャップがある。シーズン序盤に多くのポイントを失ったのは残念だが、アルピーヌは非常に強く、安定している」

「スパでは8号車にアンラッキーなことがありポイントを失ってしまった。それによってアルピーヌがランキングで前に立ち続けている。僕たちにできることは毎週末、最大限に力を発揮することだけだ」

「バーレーンに行って、チャンピオンシップのためにあるチームが他のチームを助けなければならないとしたら……僕らはチームだから、そういうことをするつもりだ。でも、日本では可能な限り多くのポイントを獲得するつもりだ。それが僕らのできるすべてだからね」

7号車のチームメイトである小林可夢偉、ホセ-マリア・ロペスとともにWECタイトル防衛に臨むマイク・コンウェイ
7号車のチームメイトである小林可夢偉、ホセ-マリア・ロペスとともにWECタイトル防衛に臨むマイク・コンウェイ

■次のページへ:新型デフの影響はモンツァよりも小さいと予想


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース