ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2017.01.30 16:26
更新日: 2017.08.29 10:44

ポルシェ 2017年WSCC第1戦デイトナ24時間 レースレポート


ル・マン/WEC | ポルシェ 2017年WSCC第1戦デイトナ24時間 レースレポート

2017/01/30
プレスリリース

IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権、初戦:デイトナ24時間レース、アメリカ

ニュー911 RSRがデビュー戦で2位を獲得、911GT3Rはクラス優勝

 アメリカ.ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のワークスドライバー、パトリック・ピレ(フランス)/ディルク・ウェルナー(ドイツ)/フレデリック・マコウィッキ(フランス)は、デイトナで行われた2017シーズンのIMSA開幕戦でニュー911 RSRを駆り、GTLMクラス2位を獲得いたしました。

パトリック・ピレ/フレデリック・マコウィッキ/ディルク・ウェルナー
パトリック・ピレ/フレデリック・マコウィッキ/ディルク・ウェルナー

 過酷なデイトナスピードウェイでの634周にわたるレースで、ワークスドライバートリオはわずか2.988秒の僅差で優勝を逃しました。

 一方、911 GT3RでGTDクラスを戦ったポルシェ・カスタマーチームのアレグラ・モータースポーツは、ポルシェ・ワークスドライバー、ミカエル・クリステンセン(デンマーク)からのサポートを得てクラス優勝を果たしました。

 この勝利はポルシェにとって、長き伝統を誇るデイトナでの耐久レースにおける77度目のクラス優勝です。

 55回目を迎えた今年のデイトナ24時間は、土曜夜の降り続いた雨と例年にない冷たい気温によりドライバーだけでなくチームにとってもチャレンジングなレースとなりました。

 水びだしになった路面によりコントロールを失うドライバーが続出し、何度もセーフティーカ―が入りました。

デビュー戦2位のポルシェ911 RSR 911号車
デビュー戦2位のポルシェ911 RSR 911号車

 21回のセーフティーカ―ラン中、もっとも長いものは日曜日の早朝、洪水のようになったレーストラックのコンディションにより2時間以上に及び、セーフティーカ―も燃料切れを起こしてしまうほどでした。

 レース序盤、2つの高速バンクとツイスティなインフィールドに翻弄され、510psを誇るヴァイザッハ生まれの911 RSRは、予定外となった6度のタイヤ交換で多くの時間とポジションを失います。

 その後セットアップを最適化したことで右フロントタイヤの問題は解決し、2台の911 RSRはリズムを取り戻しました。

 激しい降雨によりコンディションが厳しくなる中、5.729kmのサーキットで周回を重ねた両車はGTLMクラスのトップ争いに加わります。

 雨の中サーキットに詰めかけた多くのスポーツカーファンは、レース中に幾度もトップが入れ替わる展開に決して飽きることはありませんでした。

 今回のレースでは5つのマニュファクチュアラーのいずれも易々とトップを走り続けることは許されず、GTLMクラスの争いが桁外れに激しいことを証明しました。


本日のレースクイーン

WAKO'S GIRLS
南まりあ(みなみまりあ)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング