投稿日: 2016.02.24 13:15
更新日: 2016.03.13 13:22

アロンソ「革新的変更でF1ベストシャシーへの期待感じる」


スーパーフォーミュラ | アロンソ「革新的変更でF1ベストシャシーへの期待感じる」

スペイン バルセロナでの2016年プレシーズンテスト2日目の23日、フェルナンド・アロンソがマクラーレン・ホンダMP4-31・ホンダを初めてドライブした。

この日の天候は晴れでドライコンディション。アロンソはデータ収集、システムおよびエレクトロニクスのチェック、エンジンモードの評価、空力パッケージの初期テストに取り組んだ。MP4-31の新システムの評価を行い、可能な限り多くの周回数を走りこむことを目指し、予定していたプログラムを完了したアロンソは、119周をトラブルなく走りこみ、1分26秒082で11人中9番手となった。

「長い休みの後、コースに戻ってくることができて嬉しい。しかも去年と違ってたっぷり走りこむことができた」とアロンソ。

「この冬の間、チームにとって最優先事項だったのは、去年の問題への対策を行い、解決法を見つけることだった。それを成し遂げることができた。少なくとも信頼性の面ではね。チーム、そしてこのマシンのために全員が協力して成し遂げた仕事を誇りに思う。今日は楽しむことができたが、これからマシンのパフォーマンスを引き出していく必要がある」

「今日の主な仕事は空力面、信頼性の面でチェックを行うことだった。ブレーキ温度、水温、そういったものをチェックするために周回を重ねた。こういう作業はドライバーにとってさほど面白いわけではない。今後セットアップ変更やさまざまな燃料量でのテストをして、走ることもエンジョイしたい」

「空力面において僕らのマシンにとって新しいパーツがたくさん導入されている。だからパッケージを成熟させるには多少時間が必要だ。パワーユニットに関してもそれは同じだ。去年はたくさんのことを学んだ。完全に新しい哲学なので、いろいろなことを理解し、ポテンシャルを引き出すにはある程度時間がかかる」


スーパーフォーミュラ News Ranking

本日のレースクイーン

Tom’s
木村理恵(きむらりえ)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング