投稿日: 2020.12.05 19:46
更新日: 2020.12.05 19:49

TCS NAKAJIMA RACING 2020スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿 レースレポート


スーパーフォーミュラ | TCS NAKAJIMA RACING 2020スーパーフォーミュラ第5戦鈴鹿 レースレポート

2020年12月5日(土)
スーパーフォーミュラ第5戦 予選/決勝
鈴鹿サーキット

予選結果
#64:5位
#65:7位

決勝結果
#64:リタイア
#65:8位

概要

・Aグループ出走の64号車牧野、Bグループ出走の65号車大湯は揃ってQ1、Q2を突破
・Q3では2セットのニュータイヤを使用し牧野は5番手、大湯は7番手
・4周のフォーメーションラップで2周減算となり28周回で行なわれ、セーフティーカーが3度も入る大荒れのレース
・5番手スタートの牧野は他車との接触の影響でクラッシュ、1周目にレースを終える
・7番手スタートの大湯は10周終わりでタイヤ交換を行ない8位フィニッシュ

コメント
総監督:中嶋悟

「いい予選をして期待が大きかったのでショックな結果となってしまいました。明日、気持ちを切り替えて頑張るしかないです」

#64:牧野任祐

「予選では、自分自身のアタックはミスもなく個人的にも決まったと思ってピットに戻ってきたのですが、トップの山本選手とは結構ギャップがあったので、明日に向けてはどこを改善していけばいいのかしっかり分析したいと思います。レースでは、2コーナーで接触してしまったことでホイールが割れて、パンクしてしまいました。今日は本当に残念なレースになってしまったので、明日はその分も頑張りたいと思います」

#65:大湯都史樹

「昨日の練習できちんとアタックシミュレーションができていなくて、そんな状況でQ3まで残り、自分のパフォーマンスを出し切れたというところは良かったかなと思います。決勝では、序盤にチームメイトと接触してしまい、牧野選手にもチームにも申し訳なく思っています。自分自身の決勝レースの内容も、集団の中で走っていたのでペースを上げられず苦しかったです。ピットストップも長くなってしまい、順位を下げてしまいましたが、明日に向けては改善してきてくれると思っています。今日は自分らしいレースができなかったので、明日は自分らしく、攻めた走りを皆さんにお届けできるよう頑張ります」

※明日の第6戦は公式予選が9時15分から、決勝レースが13時から30周で行なわれます。


関連のニュース

本日のレースクイーン

BUSOUサーキットレディ
遊馬りえ(ゆうまりえ)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング