投稿日: 2021.04.24 18:00
更新日: 2021.04.24 20:21

全セッショントップの福住仁嶺が自身初のPP獲得。2戦連続でホンダがトップ3独占【第2戦鈴鹿予選】


スーパーフォーミュラ | 全セッショントップの福住仁嶺が自身初のPP獲得。2戦連続でホンダがトップ3独占【第2戦鈴鹿予選】

 4月24日(土)、2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権第2戦の公式予選が三重県・鈴鹿サーキットで行われ、福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が自身初となるスーパーフォーミュラでのポールポジションを獲得した。2番手には開幕戦を制した野尻智紀(TEAM MUGEN)、3番手には大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が入り、開幕戦から2戦連続でホンダエンジンユーザーが予選トップ3を独占した。


関連のニュース

本日のレースクイーン

Pacific Fairies
川瀬もえ(かわせもえ)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング