スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.04.11 18:28
更新日: 2017.04.11 18:44

関口雄飛 スーパーGT第1戦岡山 レースレポート


スーパーGT | 関口雄飛 スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

関口雄飛 PRESS RELEASE

2017年4月10日

2017年スーパーGT開幕戦「OKAYAMA GT 300km RACE」で、LEXUS TEAM WedsSport BANDOHは着実に前進をみせ、荒れたレースを関口雄飛と国本雄資が6位でフィニッシュ!!

 トヨタ、ニッサン、ホンダの各メーカーがニューマシンを投入し、新時代を迎えた2017年のスーパーGT開幕戦が、4月8~9日にかけて、桜で華やぐ岡山県、岡山国際サーキットで今年も盛大に開催されました。

 今年、関口雄飛は国内最高峰のスーパーGT、GT500クラス・シリーズチャンピオン獲得を最大の目標として、精力的にトレーニングに励み、タイヤテストやチームとのミーティングに明け暮れる多忙なシーズンオフを送ってきました。

 残念ながら最後の公式テストが悪天候の為に中止となり、試したかったすべてのドライ路面用セットアップを試し切れてはいませんでしたが、それでもLEXUS TEAM WedsSport BANDOHは自信を持って開幕戦に臨みました。

2017スーパーGT第1戦岡山 レクサス陣営のドライバーたち
2017スーパーGT第1戦岡山 レクサス陣営のドライバーたち

 金曜日にサーキットに到着した関口雄飛と国本雄資選手は、取材や撮影の慌ただしいスケジュールをこなしつつ、坂東正敬監督やTRDのスタッフ、ADVANタイヤのスタッフとともにミーティングを繰り返し、予想された週末の不安定な天候に対する戦略を練りました。

 金曜日の天候は霧雨で、土曜日は回復傾向にはありましたが、同様な天候となる可能性が数パーセントあり、日曜日も晴れるかどうか、五分五分という悩ましい天気予報です。現代のレーシングタイヤは、特に路面温度の変化に敏感で、タイヤのコンパウンドや構造によって大きくパフォーマンスが異なるため、タイヤと路面のマッチングが、勝利に大きく影響するのです。

 土曜日の天候は曇り。前夜に降った雨はあがり、路面はウェットから次第に乾いていく状態でした。肌寒かった開幕前のテストと比較すると、気温は暖かくなりつつありました。ファンの熱い声援を受け、まずは関口雄飛がステアリングを握り、フリー走行に臨みました。

 LEXUS TEAM WedsSport BANDOHとしては、マシンのセットアップはもちろんのこと、種類や構造の異なったタイヤのなかからどのタイヤを予選でチョイスするかの評価を定める大切なセッションです。関口雄飛と国本雄資選手は積極的に周回を重ね、序盤には3番手タイムをマークし、一時はトップタイムをマークするなど、好調な滑り出しのように思われました。

 しかし、変化する路面状況のなか、チームが試したかったセットアップは試すことができず、両ドライバーともにマシンのセットアップに納得しきれない状況でした。タイム的には1分20秒326で、総合14番手。大きなトラブルこそなかったものの、午後の予選に向けて真剣なミーティングと議論が続けられました。


本日のレースクイーン

2020リアライズガールズ
霧島聖子(きりしませいこ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング