スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.05.03 22:32

LEXUS TEAM ZENT CERUMO スーパーGT第2戦富士 予選レポート


スーパーGT | LEXUS TEAM ZENT CERUMO スーパーGT第2戦富士 予選レポート

2017 AUTOBACS SUPER GT Report
FUJI GT500km RACE
第2戦 富士スピードウェイ

ZENT CERUMO LC500
#38 立川祐路/石浦宏明

◆5月3日(水) QUALIFY

公式予選総合結果 1位(1分27秒825)

<公式予選>天候:曇り コース状況:ドライ

 勝てるポテンシャルを示しながら、表彰台を逃す悔しい開幕戦となった第1戦岡山を終え、LEXUS TEAM ZENT CERUMOは問題点を洗い出し、オートポリスで行われたタイヤメーカーテストに参加。ZENT CERUMO LC500のさらなる速さを引き出しながら、ゴールデンウイークの一戦として多くの観衆を集める第2戦富士に臨んだ。

 LEXUS TEAM ZENT CERUMOにとってこの富士はホームコースであり、何よりレクサス陣営にとってもホームコース。ただ、2014年から富士ではレクサス陣営の勝利はなく、“富士マイスター”と称された立川祐路にとっても、富士で育ってきた石浦宏明にとっても悔しい思いがあった。マシンも新たにレクサスLC500となった今季の富士で、狙うは優勝のみだ。

 迎えた5月3日(水)の予選日。朝は富士山も顔を出し、多くのファンがスタンドを埋めるなか、午前9時から1時間45分の公式練習がスタートした。このセッションでは、立川が18周を担当し、1分29秒204というベストタイムを7周目にマーク。ただその時点でのZENT CERUMO LC500のフィーリングはあまり良好ではなかった。

 立川からステアリングを引き継いだ石浦は、ZENT CERUMO LC500のセットアップを進め、好感触を得る。この公式練習では最後の10分間でGT500クラスの専有走行があるが、チームはもともと、この時間を使ってふたたび立川に交代し、アタックのシミュレーションをするべく予定していた。


本日のレースクイーン

Pガール
鈴乃八雲(すずのやくも)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング