レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.08.06 22:40
更新日: 2017.08.06 22:41

LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2017スーパーGT第5戦富士 レースレポート

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


スーパーGT | LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2017スーパーGT第5戦富士 レースレポート

2017 AUTOBACS SUPER GT Report

FUJI GT 300km RACE
第5戦 富士スピードウェイ

ZENT CERUMO LC500
#38 立川祐路/石浦宏明

◆8月6日(日) RACE
決勝結果 3位

<公式予選>天候:曇り コース状況:ウエット
 チャンピオンシップを考えると、この第5戦富士ではなるべく得点を稼いでおきたいラウンドだったものの、走り出しからオーバーステアに見舞われ、公式予選では若干の苦戦を強いられたLEXUS TEAM ZENT CERUMO。明けて8月6日(日)の決勝日は朝から晴天の下で酷暑となり、チームスタッフたちは大粒の汗をかきながらピットウォーク等のイベントでファンと接した。

 今回の第5戦の決勝レースは、ふだんのレースよりも少々遅めの午後1時50分から、決勝レースを見据えたウォームアップ走行が始まった。チームは前日の公式予選から、よりバランスを高めるためのセットアップを施し立川祐路にステアリングを委ねたが、やはりオーバーステアの症状が消えていなかった。20分間という短い走行のなかで、走行終了ギリギリまでらにセット変更を続けたものの、最後にステアリングを握った石浦宏明もやはりいい感触が得られなかった。

 そこでチームは、午後2時10分から始まったグリッドウォークの間で、さらにセットアップ変更を施す。ギャンブル的な要素もあったが、良い方向にいかなければレースではジリジリとポジションを下げるだけになってしまう。果たしてセット変更は功を奏すのか……。午後2時10分、立川はZENT CERUMO LC500のステアリングを握り、パレードラップに出走していった。

 1周のパレードラップ、そしてフォーメーションラップを経て迎えたスタート直後から、立川はセットアップ変更がうまくいっていることを感じ取った。ZENT CERUMO LC500は決勝を見すえたタイヤ選択を行っており、ライバルたちが少しずつタイヤが厳しくなりはじめると、硬めのタイヤを履く立川によって、オーバーテイクショーが展開されはじめた。

ZENT CERUMO LC500
ZENT CERUMO LC500


関連のニュース

本日のレースクイーン

埼玉トヨペットサポーターズ
有栖未桜(ありすみお)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング