スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.08.28 10:52
更新日: 2017.08.28 10:53

スーパーGT:INGING & Arnage Racing 2017年第6戦鈴鹿 決勝レポート


スーパーGT | スーパーGT:INGING & Arnage Racing 2017年第6戦鈴鹿 決勝レポート

2017 SUPER GT
INGING MOTORSPORT
第6戦 鈴鹿サーキット レースレポート
◆8月27日(日)<決勝>
天候:晴れ
コース状況:ドライ
#50 Ferrari 488 GT3 16位

 予選で12番手を得たFerrari 488 GT3だったが、タイヤの異常摩耗とピット作業ミスなどが重なり過酷なSUZUKA 1000kmを16位で終えた。

 真夏の3連戦を締めくくることになる『第46回インターナショナルSUZUKA 1000km』。事前の公式テストでトップタイムをマークしたFerrari 488 GT3は、相性の良いサーキットということで上位進出を狙い26日(土)におこなわれた予選に挑んだ。

 ただ、夏場の気温に合わせた持ち込みのセットアップがコンディションと合わず、公式練習の後に公式テストのセットアップに戻しぶっつけ本番で予選Q1を戦うことになったが、首尾よく新田守男は11番手で予選Q1を突破。予選Q2を担当した都筑晶裕が12位を獲得した。

 迎えた27日(日)の決勝は、突然の雨が降った予選日とは異なり朝から夏の日差しがサーキットを照り付けた。10時55分からのウォームアップ走行時には、すでに気温は30℃を超え、路面温度は45℃まで上昇した。

 20分間のウォームアップ走行は、まずスタートドライバーを務める新田がFerrari 488 GT3に乗り込み5周を周回。その後、都筑もステアリングを握りウォームアップ走行を終えた。

スーパーGT:INGING & Arnage Racing 2017年第6戦鈴鹿 決勝レポート

 1000km(173周)の長丁場となる決勝レースは、定刻通りの12時30分に三重県警の白バイとパトカーの先導によるパレードラップでスタートした。

 スタートドライバーを務めた新田は、安定したラップタイムで周回を重ねトップ10圏内が見える位置でレースを展開し、各車のピットインが始まると20周目には9番手まで順位をアップさせる。チームの戦略としてはなるべくこのスティントで周回を重ねて都筑にバトンタッチする予定だった。

 だが、20周を過ぎるとタイヤの摩耗が激しくなり、ペースも序盤より3秒~4秒ほど落ちてしまう。そのため、予定を変更して25周目にピットインを行ない、都筑がFerrari 488 GT3に乗り込む。コンスタントに周回を重ねていた39周目に55号車が最終コーナーでクラッシュしたために1回目のセーフティカーが入る。


本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
安田七奈(やすだなな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング