スーパーGT ニュース

2017.08.30

スーパーGT:TEAM IMPUL 2017年第6戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | スーパーGT:TEAM IMPUL 2017年第6戦鈴鹿 レースレポート

TEAM IMPUL Race Report
2017 AUTOBACS SUPER GT Round6
46th INTERNATIONAL SUZUKA 1000km
2017.8.26 sat~27 sun

上位を争うも接触で後退しノーポイントに終わる

No.12 カルソニック IMPUL GT-R
安田裕信/ヤン・マーデンボロー

 今年で最後の開催となった伝統の鈴鹿1000km。TEAM IMPULとしても優勝を含め幾度となく好成績を残してきました。今季ここまで苦戦を強いられていますが、チームの総力で今季初優勝、今季初表彰台を目指して戦いました。

8/26(土)公式予選

天候:曇り/コース:ドライ
気温/路面温度:31度/37度(Q1開始時)、31度/40度(Q1終了時)、31度/36度(Q2開始時)、29度/35度(Q2終了時)
観客動員数:2万7500人
GT500クラスQ1 14:55~15:10
GT500クラスQ2 15:40~15:52

 この日の朝、鈴鹿市では降雨があったものの予選時には天候は回復。気温も30度を超す中予選が行われました。

 予選Q1は定刻通り14時55分に開始。カルソニック IMPUL GT-Rは今回、ヤン・マーデンボローがQ1アタックを担当しました。今季5戦が終了し、Q1敗退が続いていたこともあり何としてもQ2へ進出したいところ。
 
 ヤンは、予選前お気に入りの音楽を聴いて集中力を高めつつ、気合いを十分に入れてコックピットへ乗り込みました。15分間で行われるQ1前半はピット内で待機。他車も同様で、4分が経過して徐々にコースインを始めるマシンが出てきます。
 
 ヤンは残り7分30分を切ろうかというところでピットアウト、アタックへと向かいます。アウトラップ、そして1周十分にタイヤをウォームアップし計測開始。
 
 計測1周目で1’48.499をマーク。残り1分を残していたため、継続してアタック。計測2周目では1’48.765とタイムアップならなかったものの、ギリギリQ2へ進出できる上位8台中8位に滑り込み、安田裕信につなげました。カルソニック IMPUL GT-RのQ2進出は今季初となりました。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
中村比菜(なかむらひな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング