スーパーGTニュース

2017.10.14

スーパーGT:GOODSMILE RACING & TeamUKYO 2017年第7戦タイ レースレポート


GOODSMILE RACING & TeamUKYO

2017年10月吉日

GOODSMILE RACING & TeamUKYO レースレポート 7

スコールで混戦となったタイは2位でランキングトップに!

SUPER GT 2017 第7戦
会期:2017年10月7〜8日
場所:チャーン国際サーキット
   (タイ・ブリーラム)
天候:晴れ・雨
動員:5万382人(3日間)
予選:4位
決勝:2位

■10月7日(土)
50kgのハンデを跳ね返し予選4位!

 SUPER GT唯一の海外戦である、タイ。バンコクから車で6時間ほど移動した街、ブリーラムにあるチャーン国際サーキットで10月7〜8日にかけて開催された。

 予選日(土曜)は朝から土砂降りのスコールに見舞われ、練習走行では最初はウェット、途中からドライとコンディションが目まぐるしく変化していく。路面が乾き始めたのを狙ってスリックタイヤで走ると、谷口選手が「1‘33.054」を記録して、2番手タイムで練習走行は終了した。

 予選1回目は片岡選手が担当。スコールで再び路面が濡れたのでウェットタイヤでスタート。2周目に「1‘42.521」を記録し、5周目に「1’40.825」と更新するもライバル勢も速さを見せ、徐々に順位が下がったものの10番手で踏みとどまった。

 予選2回目は谷口選手がアタック。雨が降り路面は濡れていたが晴れ間が覗いていたので、すぐ乾くだろうとスリックで勝負に出たものの失敗。すぐにウェットタイヤにチェンジして、再アタックに飛び出す。ウェットに履き替えてからは「1‘39.641」を出し、上位につけるもまわりも記録を更新し始めてじりじりと5番手まで後退した。時間的にこれまでかと思われたが、最後のアタックで「1’39.531」を叩き出し4番手、セカンドローに滑り込んだ。

 ウェイトハンデを50kg積んでなお、4番手から決勝を迎えられるのは、チームにとって大きなアドバンテージとなる。

コースウォークする谷口信輝と河野エンジニア
コースウォークの時間にランニングをする片岡龍也と片山右京監督


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

TEAM VERTEX RQ/2018D1GP
山崎智花(やまさきともか)

Photo Ranking

フォトランキング