スーパーGT ニュース

投稿日: 2017.11.13 11:18

スーパーGT:ARTA NSX-GT 2017年第8戦もてぎ 決勝レポート


スーパーGT | スーパーGT:ARTA NSX-GT 2017年第8戦もてぎ 決勝レポート

第8戦もてぎ
マシンバランスは上向くが上位には届かず

 予選のポジションが悪かったので決勝までにセッティングを見直し、ウォームアップ走行で確認したところ、バランスは向上しているようだ。ARTA NSX-GTは今年3回もポールポジションを獲得していて、シーズンを通して大きくバランスが狂うことはなかったが、昨日はなかなか出口が見えなかった。
 
 抜きどころが少ないこのコースでいかに順位を上げていけるかは、作戦とレースラップの速さが鍵を握る。

 スタートドライバーは野尻智紀。スタート直前にトップの2台が接触する波乱のスタートになったが、野尻は順位をキープして周回を重ねた。しかし、6周目に10番手にポジションをあげた時に、300クラスの車両に引っかかったタイミングで後続車に追突されてしまうハプニングがあった。
 
 リヤのディフューザーが破損してしまうものの、ラップタイムに影響はなく、そのまま走行を続け翌周には8番手までポジションを上げる。しかし、徐々にタイヤのグリップが落ちてきてしまう。
 
 野尻は必死にコントロールし、21周目にルーティンのピットインを行った。この時点でポジションは7番手。

 小林崇志に代わり、13番手でコースに復帰。他車の接触もあり、25周目にはポイント圏内の10番手までポジションを上げる。小林はトップグループのラップタイムで安定した周回を重ね35周目には9番手までポジションを上げた。
 
 しかし、そこからさらにポジションを上げるまでには至らず、今季最後のレースを9位で終えた。

 今年応援して下さったファンの皆さま、そしてチームを支えて下さった皆さまに感謝を申し上げます。ありがとうございました。来季も宜しくお願いします。
 

コメント


本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング