スーパーGT ニュース

2017.11.15

スーパーGT:TEAM IMPUL 2017年第8戦もてぎ レースレポート


スーパーGT | スーパーGT:TEAM IMPUL 2017年第8戦もてぎ レースレポート

7位完走も表彰台へは届かず

No.12 カルソニック IMPUL GT-R
安田裕信/ヤン・マーデンボロー

 いよいよTEAM IMPUL、2017年シーズン最終戦となりました。ツインリンクもてぎでのこのレースは、全車ウエイトハンディなしのガチンコ勝負となります。前戦、タイでの好調を維持し今回は是が非でも優勝、表彰台を目指して戦いました。

11/11(土)公式予選

天候:晴れ
コース:ドライ
気温/路面温度:17度/23度(Q1開始時)
観客動員数:19,500人
GT500クラスQ1 14:20~14:35

 朝こそ曇り空で1日がスタートしましたが、そのあとは晴天に。日中は温かい陽気のなかスケジュールが進行していきました。この日は、予選の合間にカルソニックブース(シーケー販売)で星野一義、安田裕信、ヤン・マーデンボロ―のサイン会が行われ大盛況。
 
 GT-R Magazine(交通タイムス社)や星野一義FANBOOK(モーターマガジン社)、カルソニックグッズ等を購入いただいたお客様が大行列をなしました。

 GT500クラス予選Q1は定刻通り14時20分に開始されました。今季7戦を終え僅かに2度しかQ2へ進めず、苦杯を舐めたカルソニック IMPUL GT-Rですが、前戦タイでのポールポジション争いは記憶に新しく、何としても今季初PPを達成すべく予選に挑みました。
 
 上位8台が進出できるQ2へ向けてまずはQ1、ヤン・マーデンボロ―が出走しました。15分間で行われたQ1ですが、セッション序盤はピット内で待機。
 
 ツインリンクもてぎは、ピットアウトするマシンを今か今かと待つ緊張感のなかにある静寂で、独特の雰囲気。残り11分を切ると、徐々にコースインするマシンが現れ始めます。残り7分を切って、マーデンボローはGT500全車15台中一番最後にピットアウトしました。
 
 タイヤに熱を入れてウォームアップを行い、計測ラップへ突入。計測2周目でタイムを残しに行きますが、中断し時間的に最後の計測3周目に決死のアタックを行いました。しかし、タイムは1’37.980で10番手。ボーダーラインの8位以内に滑り込むことができず、あっけなくQ1で敗退を喫しました。

 またこの日、夕方のキッズウォークで安田裕信の誕生会がカルソニックカンセイ株式会社様主催で行われました。ちょうどこの日、11月11日に誕生日を迎えた安田。ピット前で日産ドライバー全10名が大集合し、予選後のリラックスしたなか和気藹々としたムードで34回目の誕生日を祝いました。

11/12(日)決勝レース


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

2019 D’STATIONフレッシュエンジェルズ
宮本りお(みやもとりお)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング