スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.07.23 12:05
更新日: 2016.07.23 13:06

SGT SUGO:GT500は昨年勝者RAYBRIGがトップ。14台が0.9秒にひしめく


スーパーGT | SGT SUGO:GT500は昨年勝者RAYBRIGがトップ。14台が0.9秒にひしめく

 2016年のスーパーGT第4戦が23日、スポーツランドSUGOで開幕し、9時15分からスタートした公式練習でGT500クラスはRAYBRIG NSX CONCEPT-GTがトップタイムを記録した。

 第3戦として予定されていたオートポリス大会が平成28年熊本地震の影響により中止となり、第2戦富士から約2カ月半ぶりの公式戦。サーキットはレースウィークを待ちわびていたファンで賑わい、朝のセッションから早くも各コーナーとも多くのファンで埋め尽くされた。

 ドライコンディションではあるものの、上空は雲に覆われており、気温20度、路面温度25度と7月中旬とは思えない涼しさでセッションがスタートした。開始と同時に各車が一斉にコースインし、予選に向けて周回を重ねていくが、ドラゴ モデューロNSX CONCEPT-GTはエンジンが始動しないトラブルに見舞われ、約50分にわたってガレージ内で作業。セッション後半にはコースインし、遅れを取り戻すべく積極的に周回を重ねている。

2016スーパーGT第4戦SUGO WedsSport ADVAN RC F
2016スーパーGT第4戦SUGO WedsSport ADVAN RC F

 気温などが低いこともあり、セッション序盤から好タイムが連発。開始から15分を過ぎたところでWAKO’S 4CR RC Fが1分11秒606を記録し、早くもコースレコード(1分11秒607)を更新する。そこにWedsSport ADVAN RC Fが同じ1分11秒606を記録して、0.001秒単位まで同タイムで並んだ。


本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
久保田杏奈(くぼたあんな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング