スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.07.25 18:24

アウディジャパン スーパーGT第4戦SUGO レースレポート


スーパーGT | アウディジャパン スーパーGT第4戦SUGO レースレポート

2016/07/25
SUPER GT第4戦菅生にて2台のAudi R8 LMSが善戦

・ Audi Team Hitotsuyamaは予選7位から好走を見せるもマシントラブルでリタイヤ
・ Team TAISAN SARDは予選16位から粘り強く走り続け19位完走を果たす

 アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は新型Audi R8 LMSでSUPER GTのGT300クラスに挑戦するカスタマー(プライベート)チームを支援しています。第3戦オートポリスが熊本地震の影響で中止となったため約2ヶ月半のブランクをおいて、予選7月23日、決勝7月24日にスポーツランドSUGO(宮城県)でSUPER GT第4戦「SUGO GT 300km RACE」が開催されました。#21 Audi Team Hitotsuyama(アウディ チーム ヒトツヤマ)と、#26 Team TAISAN SARD(チーム タイサン サード)の2 チームが新型Audi R8 LMSで参戦しました。

 Audi Team Hitotsuyamaは、2012年よりAudi R8 LMSでGT300クラスに挑戦を続けており、ドライバーは昨年と同じくリチャード ライアン選手と藤井誠暢選手がコンビを組みます。今年はマシンも市販モデルのフルモデルチェンジに合わせて新型に、またタイヤメーカーもダンロップへと変更になり新体制でレースに望んでいます。予選は好位置の7番手グリッドを獲得。300kmを走る決勝では第1スティントを藤井選手が担当。スタート時には6位にポジションをアップ、一時は4位にまで順位をあげるなど好走を見せました。ピットストップ後、第2スティントを担当するリチャード ライアン選手も、順調に周回を重ねていましたが、40周目にドライブシャフトのトラブルでリタイヤを余儀なくされました。

Hitotsuyama Audi R8 LMS
Hitotsuyama Audi R8 LMS

Audi Team Hitotsuyama 一ツ山亮次チーム代表のコメント
「リタイヤの原因は左のドライブシャフトの破損です。原因究明はこれからですが、菅生は縁石が高くマシンにとてもストレスのかかるサーキットなのでそれが理由かもしれません。表彰台も狙えるいい展開だっただけに残念ですが、決勝重視の硬めのタイヤで予選上位に入り、決勝もライバル勢と遜色ない走りができることがわかりました。約2ヶ月半のあいだに2回の公式テストがあり、そこでかなりマシンのセッティングも進み、タイヤの使い方もわかってきました。チームとしてはいまとてもいい状況にありますので、次戦の富士ではいいレースを見せたいと思います」

藤井誠暢選手のコメント
「これまで予選では柔らかめのタイヤでなんとかタイムを出している状況で、決勝は苦戦する場面が多くありました。今回テストを重ねて予選の速さと決勝でのロング(長距離)の良さの両方をもったタイヤを手に入れることができました。決勝も自信をもって走ることができ、スタート時には狙いどおり1つ前のBMWを追い抜いて、予想以上にいいラップで周回を重ねることができ、表彰台の手応えも感じたレースでした。今回のトラブルは残念でしたが、次の富士にもチャンスはあると思っています」

リチャード ライアン選手のコメント
「マシンコンディションはとても良く、第2スティントでもすぐに順位をあげることができました。40周くらいの長い距離を走らなければならないことはわかっていたので、タイヤをいたわりつつペースをキープしようと思っていましたし、いまのマシンではそれも簡単なことだと感じていました。6周くらいを走ったところで、突然トラブルがでてリタイヤになってしまいましたが、チームもマシンもタイヤも状況はとてもいい。次の富士では入賞、そして表彰台を狙っていきたいと思います」


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
神﨑沙穏(かんざきさおん)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング