スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.07.24 17:53
更新日: 2016.07.24 17:58

GT300:三つ巴の優勝争いをJAF-GTが制す。新型プリウス初優勝


スーパーGT | GT300:三つ巴の優勝争いをJAF-GTが制す。新型プリウス初優勝

 スーパーGT第4戦SUGOは、レース終盤に最終コーナーで起きたクラッシュにより赤旗終了。GT300クラスは終盤にトップを奪った31号車TOYOTA PRIUS apr GTが優勝した。

 レース序盤はポールシッターVivaC 86 MCの土屋武士が順調に後続との差を広げていく。その後ろではSUBARU BRZ R&D SPORTと31号車プリウス、GAINER TANAX AMG GT3、UPGARAGE BANDOH 86の4台が激しいバトルを展開していく。それぞれのギャップは接近しながらも、しばらくはこう着状態が続いてしまう。

 この間にトップを行くVivaC 86はマージンを9秒まで広げることに成功するが、24周目の最終コーナーでマッハ車検 MC86がスピンしてコースサイドにストップ。車両回収のため、セーフティカーが導入されることになった。

 これでマージンがリセットされたVivaC 86は、リスタート後、31周目を終えてピットイン。松井孝允にドライバー交代してコースへと復帰する。ピット作業を済ませたマシンのなかでは、トップとして戦列に復帰したものの、その翌周にピットへ向かったUPGARAGE 86がVivaC 86を逆転してトップに浮上。3番手には、こちらも迅速なピット作業で順位を上げた31号車プリウスが続いた。


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
岩本ルミナ(いわもとるみな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング