スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.07.24 10:52
更新日: 2016.07.24 11:43

GT500:決勝日朝は雨。ホンダ勢がトップ3独占の快走


スーパーGT | GT500:決勝日朝は雨。ホンダ勢がトップ3独占の快走

 2016年のスーパーGT第4戦SUGOの決勝日がスタート。午前のフリー走行はKEIHIN NSX CONCEPT-GTがトップタイムとなった。

 昨日はドライコンディションだったスポーツランドSUGOだが、決勝日は朝から小雨が降っている状態。コース上の一部が濡れていることから、ウエット宣言が出されてセッションがスタートした。このセッション30分しかないため、両クラスともほぼ全車がコースインした。

 しかし、全車が1周も完了しないうちにWedsSport ADVAN RC Fが最終コーナーでコースオフ。スポンジバリアにヒットした。これでスポンジバリアが動いてしまったため、安全のために赤旗中断。マシンは自力で復帰を果たしたため中断時間は少なく、9時06分にセッション再開となった。

 再び各車がコースインしていくが、今度は雨あしが強くなり各コーナーとも完全にウエットに。すぐにピットに戻ってウエットタイヤに履き替えるマシンも目立った。

 GT500クラスは序盤からEPSON NSX CONCEPT-GTが1分21秒908を記録しトップへ浮上。ダンロップタイヤとともに“ちょい濡れ路面”を得意としており、ライバルに1.5秒以上の差をつける速さをみせた。

 そこに続いたのが同じホンダ勢のRAYBRIG NSX CONCEPT-GT。2週間前に行われた鈴鹿サーキットでの公式合同テストでも、ウエット路面で速さを発揮しており、1分23秒453で一時は2番手に食い込んだ。


本日のレースクイーン

WedsSport Racing Gals
久保田杏奈(くぼたあんな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング