スーパーGT ニュース

投稿日: 2015.04.03 20:02
更新日: 2016.08.03 20:03

UPGARAGE 86の開幕戦ドライバーが井出に変更


スーパーGT | UPGARAGE 86の開幕戦ドライバーが井出に変更
15スーパーGT第1戦岡山 UPGARAGE BANDOH 86
15スーパーGT第1戦岡山 UPGARAGE BANDOH 86

今季、スーパーGT300クラスにマザーシャシーのトヨタ86で参戦するTEAM UP GARAGE with BANDOHは、今季のドライバーとして登録していたマルコ・アスマーが諸事情により開幕戦岡山に参戦できなくなってしまったため、井出有治を代わって起用することになった。

TEAM UP GARAGE with BANDOHは、アップガレージとレーシングプロジェクトバンドウがパートナーシップを結び、RS中春のメンテナンスで今季からスーパーGTに参戦する新チーム。すでに岡山国際サーキットでの公式テストでシェイクダウンを済ませ、富士合同テストにも参加していた。

チームは今季、2013年のGT300チャンピオンである中山友貴と、元F1テストドライバーで、全日本F3参戦経験をもつアスマーを起用。岡山でもふたりがスムーズに作業を進めており、チームも確実な手応えを得ていたが、アスマーが諸事情により第1戦岡山に参加できなくなってしまった。

そのため、チームは急遽代役を手配。同時開催のレースに参戦するドライバーからも売り込みがあったというが、豊富な経験をもつ井出を起用することになった。井出は2013年にOGT Bonds Racing GT-RでスーパーGTにスポット参戦し好走を披露したが、チームが活動を終えたことから、参戦はそれきりだった。

「マシンも初めてですし、スーパーGTもひさしぶりなので、緊張する前に訳が分からない状態です(笑)。ダウンフォースがよく効くマシンみたいですし、グリップするほうがドライバーのストレスは少ないのでありがたいです」と井出。

「チームもまだ手探りの状態ですし、レースを楽しみつつ、きちんとマシンの情報をフィードバックして、決勝を走りきるのが最低限やるべき仕事だと思っています。そこに加えて、今後チームがこのマシンを作っていく上でどれだけ役に立てるかが重要ですね」

井出の起用により、UPGARAGE BANDOH 86の開幕戦は中山友貴/井出有治というコンビとなる。井出は2012年に第一線でのレース活動を休止してから、13年のスーパーGTスポット参戦を経て、近年は韓国のレースにも出場していただけに、ひさびさのレースという訳ではない。アスマーの代役としても心強い存在になるだろう。


関連のニュース

本日のレースクイーン

apr Victoria
藤田香澄(ふじたかすみ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング