スーパーGTニュース

2018.04.18

GOODSMILE RACING&TeamUKYO スーパーGT第1戦岡山 レースレポート


グッドスマイル 初音ミク AMG

GOODSMILE RACING&TeamUKYOレースレポート

初戦岡山は予選で苦戦したが決勝は8位でゴール

スーパーGT 2018 第1戦
会期:2018年4月7~8日場所:岡山国際サーキット(岡山県)
天候:晴れ
予選:15番手
決勝:8位

■4月7日(土)
想定外の気温でタイムが上がらず予選は15位

 2008年のシーズン途中からスーパーGTに参戦した『初音ミクGTプロジェクト』も今年で10周年を迎えた。昨年は3回目のGT300クラスチャンピオンに輝き、今年は2連覇を掲げてメモリアルイヤーに挑む。
 
 今年も開幕の舞台は岡山国際サーキット。昨年は優勝を飾り、幸先の良いスタートを切っただけでなく、ここ数年は何度も表彰台に上がっている、比較的相性のいいサーキットだ。とはいえ、天候がまったく安定しないのも特徴で、晴れ予報でも雨が降るなんてことも珍しくない。
 
 予選日は天気予報どおり晴れてはいたが、気温は一桁と非常に寒く、路面温度も上昇しないため、練習走行でもなかなかタイムが上がらなかった。
 
 予選での気温は9度、路面温度は15度と、タイヤの想定温度を大きく下回っており、苦戦してしまう。上位陣が1分25秒台を記録するなか、0号車(グッドスマイル 初音ミク AMG)は1分26秒316がベストタイム。それでもカットラインである14番手には留まっていたのだが、最後の最後に65号車(LEON CVSTOS AMG)が1分26秒173を出し、0号車は15位に脱落。ひとつ上のポジションだった55号車(ARTA BMW M6 GT3)とは0.009秒差と、悔しい結果に終わった。

グッドスマイル 初音ミク AMG
グッドスマイル 初音ミク AMG


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

埼玉トヨペットサポーターズ/2018SGT
Yuna(ゆな)

Photo Ranking

フォトランキング