スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.05.08 17:38

ニッサン スーパーGT第2戦富士 レースレポート


スーパーGT | ニッサン スーパーGT第2戦富士 レースレポート

SUPER GT 2018第2戦レースレポート
5月4日 富士スピードウェイ

MOTUL AUTECH GT-Rが今シーズン初優勝

 SUPER GT 2018第2戦FUJI GT 500km RACEの決勝がゴールデンウィーク後半の5月4日に行われ、GT500クラスに4台のNISSAN GT-R NISMO GT500が出場しました。

 予選3位からスタートした#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が後半の逆転劇で見事に今季初優勝、#12 カルソニック IMPUL GT-R (佐々木大樹/ヤン・マーデンボロー)が開幕戦に続いて6位に入りポイントを獲得。NISSAN GT-R NISMO GT500が力強いレースパフォーマンスを披露しました。

 決勝日の富士スピードウェイは、ゴールデンウィークにふさわしい快晴となりました。初夏の日差しが照りつけると同時にホームストレート上をマシンセッティングに影響が出そうなほどの強風が吹き抜けるなか、気温23℃、路面温度40℃のコンディションで、14時40分にパレードおよびフォーメーションラップを経てスタートしました。

 抜群のダッシュを見せた#23 GT-Rのクインタレッリは1コーナーで1台をかわし2番手に躍り出ると、同じオープニングラップのダンロップコーナーでポールシッターをアウト側からオーバーテイクし首位に浮上します。

 その後、バックマーカーの処理などで迫られる場面もありながら首位をキープしてレースを進めるも、ハイペースで追ってきた他車にかわされ2番手に後退します。500kmレース最初のピットインとなる37周目までほとんど差を開かせることなく、松田へと交代します。

 予選13位からのスタートとなった#12 GT-Rも序盤からマーデンボローが粘り強いレースを展開し、36周目にピットへと向かう頃には5番手にまでポジションを上げます。交代した佐々木は10番手でコースに復帰すると、44周目に9番手に浮上。その後も立て続けにオーバーテイクを決めて7番手にまで上がります。

#23 MOTUL AUTECH GT-R

 一方、#23 GT-Rの松田も2番手からじりじりとギャップを縮めていき、首位より1周後の75周目を全力でプッシュし最後のバトンを託すべくピットへと向かいます。そこで迅速な作業を見せたチームがコース上での2.2秒差を逆転するピットワークでクインタレッリを首位で送り返すと、最後のスティントながら鬼気迫る走りでファステストラップを記録しながらギャップを広げます。

 その後も安定したラップを刻んだ#23 GT-Rは約10秒のマージンを築いてトップチェッカー。今季初優勝を果たすと同時に、松田次生がGT500クラス最多勝利記録数を更新する20勝目を飾りました。

 #3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R (本山哲/千代勝正)は予選7位からスタートした千代が最初のスティントで苦戦するも、本山が自己ベストを更新する走りを見せ、最終スティントではペースを取り戻した千代が10位でチェッカーを受けました。

 予選15位スタートの#24 フォーラムエンジニアリング ADVAN GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/高星明誠)はタイヤと路面コンディションのマッチングに苦戦し、13位完走となっています。


関連のニュース

本日のレースクイーン

BUSOUサーキットレディ
遊馬りえ(ゆうまりえ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング