スーパーGT ニュース

2018.05.09

TEAM IMPUL スーパーGT第2戦富士 レースレポート


スーパーGT | TEAM IMPUL スーパーGT第2戦富士 レースレポート

2018 AUTOBACS SUPER GT Round2
FUJI GT 500km RACE
2018.5.3 Thu~4 Fri

果敢なオーバーテイクで6位入賞

No.12 カルソニック IMPUL GT-R
佐々木 大樹/ヤン・マーデンボロー

 ゴールデンウィーク恒例のGT500kmレースが富士スピードウェイにて開催されました。例年通り、連休中日の開催ということで大観客がサーキットへ。TEAM IMPULのピットへもカルソニックカンセイ株式会社の森谷弘史代表取締役会長をはじめ多くのスポンサー関係者様にも応援にお越し頂きました。

 レース距離は500km、ドライバー交代を伴うピットストップが2回行われるセミ耐久、チームとしてもここ数年好結果を残せている富士で岡山での鬱憤を晴らすべくレースへと臨みました。

5/3(祝/木)公式予選

天候:曇 コース:ドライ
気温/路面温度: 22℃/35℃(GT500 予選開始時)
21℃/30℃(GT500予選終了時)
観客動員数:3万1300人

 前日の搬入日夜から富士スピードウェイがある静岡県駿東郡小山町は降雨となり、朝方には非常に激しい雨風となり天候が心配されました。しかし朝のフリー走行を迎える頃には、雨も上がり、晴れ用タイヤでの走行も可能かと思われましたが、なんと、非常に濃い霧が富士スピードウェイ一帯に発生。

 ピットロードから最終コーナーや1コーナー方向が全く見えないコンディションとなりフリー走行はディレイ。その後天候の回復を待ちましたがなかなか霧は晴れることがなく、対応が協議されフリー走行はキャンセル。スケジュールが変更され12時50分から30分間のフリー走行が行われました。

 この影響で予選方式も変更となり、通常のノックアウト方式ではなく計時方式が採用。GT300、GT500クラス毎の20分間のアタックとなりました。午後には天候が回復し、コースコンディションもドライ。

 まずは14時45分からGT300クラスの予選が行われ、その後10分間のインターバルを挟みGT500クラス予選は15時15分から行われました。20分間の予選中、ドライバーの交代は許されましたが、全車1名のドライバーで予選を戦い、カルソニック IMPUL GT-Rはヤン・マーデンボローでアタックに臨みました。

 予選開始とともにピットを飛び出し、まずは1度目のアタックへ。1コーナー寄りのピットボックスということで、前から3台目という位置でコースインしていきます。10番手のタイムを刻み一旦ピットインし、タイヤ交換を行って残り8分を切るところで再度コースイン。

 残り時間30秒というところで1分28秒623をマークし7番手へ。直後にタイム更新したマシンがあり8位へと順位を落としますが、続けてアタックを敢行します。1分28秒884のタイムを残すも更新することが出来ず。

 8番手グリッドが確定かと思われましたが、レクサスコーナーにて4輪脱輪が認められ、当該ラップタイム削除の裁定。1分28秒623のタイムは無効となり、セカンドベストだった1:28.884がベストタイムとなり順位は13位となってしまいました。しかし、決勝レースの距離は長いため2人のドライバーは悲観することなく、前を向いて追い上げを誓いました。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

2019 raffinee Lady
中村比菜(なかむらひな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング