スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.05.21 05:00
更新日: 2018.05.21 10:58

ARTA BMW M6 GT3 スーパーGT第3戦鈴鹿 決勝レポート


スーパーGT | ARTA BMW M6 GT3 スーパーGT第3戦鈴鹿 決勝レポート

ARTA Project

第3戦 鈴鹿サーキット
ARTA BMW M6 GT3 GT300決勝レポート

ポイント目指して無理するも、二人の健闘かなわず

 計時システムのトラブルにより40分ディレイになったが、ドライバーはこの間にコンセントレーションを高め、レースに挑んだ。

 スタートドライバーはショーン・ウォーキンショー。ショーンは慎重にスタートし、2周目までにひとつポジションを上げる事に成功した。ペースは良く、11周目には18番手までポジションアップ。しかし、500クラスの車両のコースアウトにより、12周目にセーフティーカーが入った。同じタイミングで300クラスの車両もコースアウトし、順位をひとつ上げた。

 再スタートが切られてからすぐに他車は続々とルーティンのピットインを行い、ショーンは11番手まで順位を上げたが、他車とタイミングをずらして19周目にルーティンのピットインを行い、高木真一に後半を託した。

 高木は23番手でコースに復帰。高木はトラフィックの中で、1周毎に順位を入れ替えながらペースを上げられずにいた。終盤、燃料が軽くなってきてから操縦性が向上し、高木は予選のポジションまで順位を回復した。

 しかし、ここから順位を上げる事は難しく、20位でレースを終えた。次回はM6と相性が良いブリーラムのレースでは再び優勝を目指す。

土屋圭市アドバイザーのコメント

「BOP的に難しいレースでしたが、チームやドライバーはノーミスで素晴らしいレースをしてくれたね。次のタイと富士でやり返しますよ!」

安藤博之エンジニアのコメント

「昨日のセットより改善して行ったのですが、なかなかペースを上げる事が出来ませんでした。M6は16年、17年と苦戦していますが、このコースは車に合ってないのかな?と思ってしまいます。しかし、次のタイと富士は相性が良く結果も出ているので、次に向けて準備したいです」

高木真一選手のコメント

「タイヤ無交換も考えたのですが、フロントだけ交換する作戦にしました。ちょっとギャンブルではありましたが、バランスが取れなくてコントロールに苦労しました。何とか1ポイントでも獲ろうとして無理したのが裏目に出てしまいました。他車と比べてどこが劣っているかわかったので、次につなげていきたいです」

ショーン・ウォーキンショー選手のコメント

「とてもタフなレースでした。我々はいつものように精一杯戦っていたが、BOP的に厳しかったと言わざるを得ないレースだったと思います。しかし、次のタイは相性が良いので、次に向けて頑張りたいです」


本日のレースクイーン

ジェームスガレージガールズ
岩波彩華(いわなみさやか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング