スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.08.10 21:03

LEXUS TEAM WedsSport BANDOH スーパーGT第5戦富士 レースレポート


スーパーGT | LEXUS TEAM WedsSport BANDOH スーパーGT第5戦富士 レースレポート

2016 AUTO BACS SUPER GT Round 5
「FUJI GT300km RACE」

■開催日 予選8月6日(土)決勝8月7日(日)
■開催地 富士スピードェイ
■入場者数 予選18,400人 決勝33,500人

 SUPER GT 第5戦が富士スピードウェイ(静岡県)で行われた。

 前回の第4戦菅生では、表彰台争いにしのぎを削るが、悔しくも5位に終わってしまった19号車WedsSport ADVAN RC F。苦汁をなめた一戦となってしまった。そして第5戦は苦手意識の高い富士スピードウェイ。19号車が苦手とするこのサーキットをどう攻略するかが勝利への鍵となるが、またもや苦戦を強いられることとなった。予選では、LEXUS勢の中で唯一Q2へ進んで8位。決勝では、思うようなレース展開ができずに苦しむが、粘りの走りをみせ10位でゴール。苦しいながらも着実にポイントをつかみ取り、連続ポイント獲得数を14戦に伸ばした。

■予選 8月6日(土)8位 1分29秒965
□公式予選  天候:晴れ | コース:ドライ | 気温/路面温度 Q1(GT500)開始時33℃/48℃、Q2(GT500)開始時32℃/47℃

 夏休み真っ盛りの富士スピードェイは、朝から気温がぐんぐん上昇し、予選が始まる14時には33度に達した。そして、14時25分から300クラスのQ1から始まったが、10分ほどで赤旗と中断となった。すぐに再開されたが、500クラスのQ1は14時51分から6分遅れで始まった。朝のフリー走行で、富士スピードウェイの感触を確かめた19号車WedsSport ADVAN RC F、の結果は9位。Q2に手が届くか届かないかの瀬戸際のタイムだ。そして大事なQ1のアタックドライバーは長いミーティングの末、国本選手が抜擢された。

 国本選手は緊張の面持ちでQ1をアタックすることに。いつものように定刻通りにアタックするライバルは1台も現れず、静まり返るコースにエキゾーストサウンドが響いたのはQ1開始から5分後。まずは24号車がコースへ向かった。これを追うように国本選手もコースイン。1ラップごとにタイムを更新し、残り2分を切った時点でトップは、1分28秒台をマーク。この時点では19号車WedsSport ADVAN RC Fは14位にランキング。しかしトップタイムを追うようにアタックをかけた国本選手は4ラップ目に1分29秒596のタイムで一気に7位までジャンプアップし、Q2へつないだ。この時点で、LEXUS勢は19号車WedsSport ADVAN RC F1台のみがQ2へ進出した。

 そして、Q2は、15時36分から12分間で行われる。いつもならば、開始早々にはアタックをかけないが、予選を見据えた固めのタイヤを選んだチームはウォーミングアップを入念に行うためQ2開始早々に関口選手をコースへ送り出した。そしてその3分後に24号車がコースインし、その1分後に全車がコースイン。ポールポジションをかけたタイムアタックが始まった。最後の1ラップに勝負をかけるQ2は終盤に向うにつれトップタイムがクルクルと入れ替わり、関口選手も5ラップ目に1分29秒965のタイムを出し、暫定2位にランキングされるが、6周目、再度アタックをかけたが、5ラップ目のタイムがベストラップとなった。トップタイムにはわずかに届かず、8位にランキング。明日の決勝は追い上げを期待するポジションとなった。

 ポールポジションは12号車カルソニックIMPUL GT-R、2位S Road MOLA GT-R、3位1号車MOTUL AUTECH GT-Rとニッサン勢が並んだ。

LEXUS TEAM WedsSport BANDOH
LEXUS TEAM WedsSport BANDOH


本日のレースクイーン

KOBELCO GIRLS
中村比菜(なかむらひな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング