スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.08.05 08:52

LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2018スーパーGT第5戦富士 予選日レポート


スーパーGT | LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2018スーパーGT第5戦富士 予選日レポート

2018 AUTOBACS SUPER GT Report

FUJI GT 500mile
第5戦 富士スピードウェイ

ZENT CERUMO LC500
#38 立川祐路/石浦宏明

◆8月4日(土) QUALIFY
公式予選総合結果 出走せず

 南国タイで開催されたSUPER GT第4戦から約1ヶ月。舞台はふたたび日本に戻り、LEXUS TEAM ZENT CERUMOのホームレースである第5戦『FUJI GT 500mile RACE』を迎えた。昨年までは通常の300kmレースだった夏の富士での一戦だが、今季からカレンダーの変更により、シリーズ最長の500マイル=約804kmというレース距離となった。

 SUPER GTでは、レース距離が700km以上の場合、通常のレースよりもポイントが多く加算できる。昨年までの鈴鹿1000kmがそうだったように、シリーズランキングを考えると非常に重要なレースだ。日本に戻ってきたZENT CERUMO LC500は、チームによってしっかりとメンテナンスされ、8月4日(土)の公式練習に備えた。

 今季、ZENT CERUMO LC500は走り出しのフィーリングに違和感を抱えることが多かった。もちろんチームによって予選、決勝までには調子を上げていたのだが、SUPER GTでは走り出しから好調でなければ優勝を争うのは厳しい。立川祐路、石浦宏明のふたりは村田卓児エンジニアと前日まで綿密な打合せを行っていたが、タイを思わせる酷暑のなか、午前8時40分からスタートした公式練習で立川がZENT CERUMO LC500をドライブしだすと、非常に良好なフィーリングを感じ取った。

 立川はピットインすると、予選Q1のアタッカーを務めるはずだった石浦宏明にステアリングを渡す前に、一度タイヤを履き替え、ニュータイヤでのアタックをトライしにいく。アウトラップから1周タイヤをウォーミングアップし、メインストレートを快調に駆け抜けると、フルブレーキングするTGRコーナーに差しかかる。

 しかしブレーキペダルを踏んだ瞬間、立川は異変を感じ取った。ブレーキが効かない! 時速300kmに近い速度から一気に減速するTGRコーナーで、立川は危険を一瞬で察知すると、ステアリングを切りZENT CERUMO LC500をスピン状態に追い込んだ。真っ直ぐ向いたままタイヤバリアにヒットしてしまうのは、間違いなく怪我をする危険なクラッシュになってしまうからだ。


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
神﨑沙穏(かんざきさおん)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング