スーパーGT ニュース

2018.08.27

Arnage Racing 2018スーパーGT第5戦富士 レースレポート


スーパーGT | Arnage Racing 2018スーパーGT第5戦富士 レースレポート

SUPER GT Rd.5 FUJI 500mile
2018/8/4~8/5

アクシデントを跳ね返せ! 猛暑の500マイル、チーム一丸で11位完走を勝ち取る!

 シリーズ第5戦となるのは、富士スピードウェイで開催される『FUJI 500mile RACE』。1992年以来26年ぶりに復活することになった500マイル(807km)レースは、これまで鈴鹿で開催されていた1000kmレースに代わるシリーズ最長のロングレースとなる。
 
 タイからの船便でマシンがファクトリーに戻ってからレースまでのインターバルが、わずか1週間足らず。タイで起こった接触によるアクシデントで左側のサイドステップを損傷してしまったため、チームはエキゾーストを一足先にファクトリーに持ち帰って修理し、慌ただしい一週間の間に、新しいサイドステップとともに取り付けるよう準備した。
 
 また、富士ラウンドに向けて、給油口位置を逆側に移設し、長丁場のレースを走りきれるよう細かい部分をチェックした。

 前回の富士ラウンドで味わった燻る思いを、シリーズ最大の山場である富士500マイルで晴らすことができるのか。連日40度近い酷暑の続くファクトリーから、チームは富士スピードウェイに乗り込んだ。

EXE AMG GT3
EXE AMG GT3

August 4th Qualifying Day

晴れ/ドライ 気温:31度→31度/路面温度:44度→42度 入場者:2万2100人

 レースの行われる週末も日本列島は猛暑に見舞われていたが、標高の高い富士スピードウェイでも朝から晴れた夏空に太陽が照りつけ、路面温度は40度を超える厳しいコンディションとなっていた。
 
 8時40分から行われた公式練習では、安岡選手、加納選手、それに第3ドライバーとして第2戦ぶりに参戦する坂本選手が、順にコースに出て時間いっぱいを使ってマシンとタイヤのフィーリングを確認した。EXE AMG GT3は終始順調であったが、チームはセッティングに手を焼いていた。エンジニアは高温のロングレースに備えてサスペンションやデフなど、こまごまとしたセットを7つ持ち込んでいたが、どれも思うような効果を発揮しない。
 
 サファリタイムに入る前の短いインターバルにメカニック総出でデフのセットを変更したが、これも不発となった。頭を悩ませたエンジニアは、午前中の状況を踏まえてなんとか一筋の光明を見出し、バランスを取りながら予選のセットアップの方向性を定めた。
 
 14時30分から行われた予選では、安岡選手がQ2進出を賭けてマシンをコースに進めた。安岡選手は慎重にタイヤに熱を入れながらチャンスを伺って、6周目1分39秒228をマークしたが、惜しくもクラス21位とQ2に進出することはできなかった。
 
 しかし、レースは800km余りの長丁場、ポジションアップのチャンスも必ずあるはず。特に、4回のピットインが義務付けられている今大会では、迅速で確実なピットワークを行うことがポジションアップのための要となる。ピットワークでロスタイムの出た前回の富士ラウンドでの雪辱を晴らすべく、チームは予選後、熱心にドライバーチェンジの練習とタイヤ交換の練習行って決勝に備えた。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

2019 D’STATIONフレッシュエンジェルズ
宮本りお(みやもとりお)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング