スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.08.28 20:11
更新日: 2016.08.30 17:21

GT500:立川「こんなに疲れた1000kmは初めて」。RC F同士の激戦制したZENTが2年ぶりの勝利飾る


スーパーGT | GT500:立川「こんなに疲れた1000kmは初めて」。RC F同士の激戦制したZENTが2年ぶりの勝利飾る

 2016年のスーパーGT第6戦インターナショナル鈴鹿1000kmの決勝レースは、中盤から続いたレクサスRC F同士のバトルを制し、立川祐路/石浦宏明組のZENT CERUMO RC Fが今季初優勝を飾った。

 セーフティカー導入でギャップを詰めたau TOM’S RC Fが4回目のピットストップでZENT RC Fを逆転。ここから2台による僅差の首位争いが展開されていった。

 au RC Fのニック・キャシディがリードを広げようとするも、直後に雨が降り出し始める。レース序盤に降った雨はパラついた程度だったが、今回は横殴りの強い雨。これにより特に西コースはハーフウエットに近い路面コンディションとなってしまう。これにはキャシディもペースダウンを余儀なくされ、ZENT RC Fの立川が背後に接近する。

 そんななか、スプーンカーブでKEIHIN NSX CONCEPT-GTの小暮卓史がスピンして、マシンが出口のグラベル上でストップしてしまう。この影響でスプーンひとつ目からイエローフラッグが振られていたが、この区間で立川がキャシディをオーバーテイクしてトップに浮上した。

 黄旗区間での追い越しが疑われ審議対象となったが、結果はセーフとの裁定。ペナルティなどは下されず、バトル続行となる。

 一度は交わされたキャシディも負けじと食らいついていき、131周目のシケインで逆転に成功するが、その翌周、ふたたび立川が仕掛けてトップを奪い返す。レース終盤にぼっ発したRC F同士の激しいトップ争いに詰めかけたファンも釘付けになっていた。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

ACRE&SPIRIT
水瀬琴音(みなせことね)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング