スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.09.19 17:11

LEXUS TEAM SARD 2018スーパーGT第6戦SUGO レースレポート


スーパーGT | LEXUS TEAM SARD 2018スーパーGT第6戦SUGO レースレポート

DENSO KOBELCO SARD LC500
第6戦SUGO、苦闘も10位で貴重なポイント獲得

SUPER GT第6戦SUGOレポート

2018 スーパーGT第6戦『SUGO GT 300km RACE』(9/15~16)
スポーツランドSUGO(1周3.704km)
入場者数:予選1万2900名、決勝2万8500名 合計4万1400名

 9月16日(日)、スーパーGT第6戦『SUGO GT 300km RACE』の決勝が行われ、予選Q1で3番手タイムをマークした直後にコースオフ、赤旗原因車両でノータイムとなり15番グリッドから不退転の覚悟でスタートしたDENSO KOBELCO SARD LC500は、ヘイキが前方車両よりも速く走れる状況であったが狭いコースと厳しいハンディウエイトのためを抜きあぐね、チャンスを待つ展開に。
 
 全車がピットインしてもステイアウトする戦略で、前が開けると1~2秒もペースを上げて猛プッシュするヘイキ。46周を終えピットイン、戦列復帰すると13位に浮上。交代した可夢偉も必死に前を追いかけていき、63周目に12位に。
 
 68周目にセーフティカー(SC)導入で前とのギャップが減り大きなチャンスが訪れる。再スタートし残り6周の中で前方車両に仕掛けていく闘志を見せる可夢偉であったが苦闘が続く。76周目に11位となったがそのままチェッカー。最終的にペナルティ車両があったため繰り上がり結果10位となったDENSO KOBELCO SARD LC500は、速さはあるものの実力をすべて発揮することができず苦闘のレースとなったが、貴重なポイントを獲得し、残り2戦にタイトルへの望みをつないだ。
 
 ドライバーポイントでは1点を獲得(計36点)でランキング7位、チームポイントでは4点を獲得(計50点)でランキング9位となった。10月8日(月)・9日(火)GTA公式テストもてぎを挟んで、タイトル争いの天王山となる次の第7戦は約1カ月後の10月20日(土)・21日(日)にオートポリスにて開催される。

LEXUS TEAM SARD
LEXUS TEAM SARD

■公式練習

 前戦富士はウエイトハンディに苦しみポイント獲得ならず浮き沈みの激しいシーズンとなっているDENSO KOBELCO SARD LC500。約1カ月半近くのインターバルを経て開催される第6戦は、夏開催から秋口に開催時期が変わったスポーツランドSUGOが舞台。
 
 昨年優勝、一昨年2位と験の良いコースだけに、ここで前回奪われたランキングトップの座を奪い返しておきたいところ。コースは山間部にありつねにアップダウンの連続で高低差73m。コース幅も狭くテクニカルなマウンテンコース。
 
 1コーナーでのブレーキング競争、ヘアピン、馬の背、最終コーナーとオーバーテイクポイントが幾つもあり、つねにサイドバイサイドの超接近戦が展開され息の抜けない熾烈なバトルが続く。
 
 公式予選はノックアウト方式(Q1、Q2)で、決勝は約2時間の300kmで争われ、ピットストップは1回。ウエイトハンディは現獲得ポイントの倍の数値となる70kg。このウエイトハンディであるが燃料流量リストリクターが2段階(約7%減)絞られ、実際搭載するウエイト重量は36kgとなる。

 現在ドライバーランキングで5位につけるDENSO KOBELCO SARD LC500。タイトル争いへの生き残りを懸け1つでも順位を上げようと各所で激しい戦いが予想される難関の第6戦SUGO。
 
 サバイバル戦に生き残るべく確実に入賞を狙って行くところであるが、ランキングトップ奪回には大量得点が必要となるため、険しくとも表彰台に登ることを目指し、運や変わりやすい天候を味方につけ、一心不乱に前に突き進む不退転の覚悟でチーム一体となり、ひたすらに勝利を目指して挑んでいった。

 15日(土)午前中の公式練習走行は、9時から気温21度/路面温度23度で雲が垂れ込み若干雨がぱらついた曇り空のなかで開始。まずはヘイキがミディアム系タイヤを装着してコースイン。路気温が低くなかなかタイヤが温まらないなかで8周目に1分13秒122の3番手タイムをマーク。クルマのバランスは良好なので、続いてソフト系タイヤの評価を行なった。


本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRLS 2021
美月千佳(みづきちか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング