スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.09.20 18:00
更新日: 2018.09.20 18:29

TEAM UPGARAGE 2018スーパーGT第6戦SUGO レースレポート


スーパーGT | TEAM UPGARAGE 2018スーパーGT第6戦SUGO レースレポート

【2018 SUPER GT 第6戦 菅生300km】レポート

期待のラウンドも不運に見舞われ悔しい結果に

【予選】天候:曇り 路面:ドライ 気温/路面温度 Q1開始時23℃/25℃
Q1:1’19.325 GAP 0.660 16番手/28台中 Dr.YUHKI NAKAYAMA

【決勝】天候:晴れ 路面:ドライ 気温/路面温度 スタート時:26度/37度、30周:28度/38度、60周:26度/33度
1st:SUBARU BRZ R&D SPORT 井口/山内 1:53’01.934
2nd:GAINER TANAX triple a GT-R 星野/吉田 +6.302
3rd:グッドスマイル 初音ミク AMG 谷口/片岡 +18.117
11th:UPGARAGE 86 MC 中山/小林 +23.544

 長い長い10時間耐久レースのSUZUKA 10 HOURSから早3週間。9月に入って暑さも和らぎ、秋の様相を呈してきたスポーツランドSUGOにてSUPER GT Rd.6が開催された。SUZUKA 10 HOURS用に交換していた、細かい部品をSUPER GT仕様に戻し、しっかりとマシンをチェックし万全の状態で菅生ラウンドに挑んだ。

 今回の菅生ラウンドは、激化するチャンピオン争いにおいても非常に重要である。スポーツランドSUGOは全体的にコース幅が非常に狭く、高低差もありトリッキーなコースで、毎年クラッシュなどの波乱があり、魔物が住むコースと言われているが、マザーシャーシ車両にとっては、コーナーリング勝負となるコースのため、比較的得意とするコースだ。昨年の予選も2位獲得と結果も出ており、期待の高まるラウンドである。

 公式練習日&予選日となる14日は、朝から厚い雲が空を覆い今にも雨が降り出しそうな模様。公式練習はなんとか雨は降らずドライでの走行となった。走りだしは中山選手で、まずはタイヤの比較を行う。

 今回はミディアム系の2種類のタイヤをテスト。持ち込みのセットアップに若干不安を抱えながらも、中山選手のコメントを基にタイヤは固めのミディアム系に決定する。コーナー進入時のリヤの挙動が不安定なため、リヤのアライメントの変更を行い、小林選手にチェンジ。セットアップを進めて行く。

 細かくセット変更を行っていたが、ダクト系のパーツに不具合が見つかり、変更したところ、中山選手が指摘していたリヤの不安定さはなくなり、安定した挙動になった。さらにフロントの細かなセットアップも進めて行くが、セッション中盤にきて、雨がぱらつき始める。

 降り始めは雨量も少なく、路面はまだドライに近く、そのままドライタイヤでのセットアップを続ける。各車ちょい濡れ路面の影響かタイムが落ち始めていったが、小林選手はほぼペースを落とすことなく、順調にラップを重ね、走行中はトップタイムを連発。抜群のマシンコントロールセンスを魅せつける。

 セッションも終盤になってくると多少雨量も増し、ウェット路面に。車重が軽い部分が裏目に出てタイヤのグリップを出しにくい特性のあるマザーシャーシだが、今シーズンはウェットでのタイヤのテストも重ね、徐々にウェットでのフィーリングも向上しており、ウェットになった菅生でも、タイムは常に上位をマークし、ウェット路面でも戦える手応えを得た。

 その後も安定して、走行を重ね、セッション終了。ベストタイムはセットアップが進む前のドライでのタイムだったため、1’20.155で16番手という結果に。しかしながら、マシンの仕上がりはよく、ドライバーのフィーリングも非常に向上しており、予選も期待が高まる展開。マシン的に有利なものの、コース幅が狭くオーバーテイクは簡単ではないので、予選の順位も非常に重要となってくる。


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

エンパイヤ自動車
佐久間夏紀(さくまなつき)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング