スーパーGT ニュース

投稿日: 2018.10.20 22:20

LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2018スーパーGT第7戦オートポリス 予選レポート


スーパーGT | LEXUS TEAM ZENT CERUMO 2018スーパーGT第7戦オートポリス 予選レポート

2018 AUTOBACS SUPER GT Report
AUTOPOLIS GT 300km RACE

第7戦 オートポリス

ZENT CERUMO LC500
#38 立川祐路/石浦宏明

◆10月20日(土) QUALIFY
公式予選総合結果 8位

 2018年のSUPER GTも残すところ2戦。舞台は大分県日田市にあるオートポリスでの第7戦を迎えた。LEXUS TEAM ZENT CERUMOにとっては、今シーズンのチャンピオン争いに踏みとどまるためにも好結果が欲しいラウンドだ。このレースに向けてLEXUS TEAM ZENT CERUMOは、8月に行われたタイヤメーカーテストに参加。走行初日にはトップタイムをマークするなど、準備を万端に整え好感触を得てオートポリスの地に向かった。

 しかしチームスタッフたちは走行開始前日、オートポリスに到着するとそのあまりの寒さに驚いた。チームがある御殿場も冷え込んでは来たが、阿蘇山にあるオートポリスの寒さは予想以上。ダウンジャケットを着込み準備を整え、10月20日(土)の予選日を迎えることになった。

 午前9時からの専有走行に向け、ZENT CERUMO LC500のステアリングを握ったのは立川祐路。しかしこの日の午前もオートポリスは曇天で、路面温度はまったく上がっていかない。8月のテストで好感触を得たセットアップでは、あまりに気温・路面温度ともに異なっていたこともあり、フィーリングが良くない。立川は専有走行の時間をうまく使いながらセットの変更を進めていき、石浦宏明に交代。石浦は進めてきたセットアップの方向性が間違っていないことを確認しつつ、周回を重ねていった。

 セッション終盤こそやや天候が好転したことや、セットアップが進んだこともあって、石浦がGT500クラスの専有走行の時間帯に1分33秒388というベストタイムをマークし、この専有走行での3番手につけたものの、ライバル勢が速く課題はまだ多そうだった。LEXUS TEAM ZENT CERUMOは午後2時30分からスタートする公式予選に向けて、さらなるセットアップの煮詰めを行っていった。

 チームは予選までの間にピットウォーク等のイベントをこなしていったが、その間にオートポリスの上空には青空が広がり、気温も上がっていった。こうして迎えた午後3時09分からの公式予選Q1では、LEXUS TEAM ZENT CERUMOは石浦にQ1のアタッカーを委ねた。

 石浦はQ1残り時間7分30秒というタイミングでコースインすると、しっかりとタイヤを温めアタックに入っていく。気温が上がっており、ややテストのときの状態に近づいていたが、石浦はその段階で3番手となる1分33秒304をマークするが、その後アタックを終えたライバルたちが続々と好タイムをマークしてくる。ただ石浦のタイムは、Q1突破には十分。7番手につけQ2の立川に繋ぐことに成功した。

ZENT CERUMO LC500
ZENT CERUMO LC500


本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRLS 2021
美月千佳(みづきちか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング