スーパーGT ニュース

投稿日: 2015.05.02 19:56
更新日: 2016.09.04 21:57

佐々木孝太「雄一のQ1がいい刺激になった」


スーパーGT | 佐々木孝太「雄一のQ1がいい刺激になった」

 2015年スーパーGT第2戦富士の予選で、GT300クラスのポールポジションを獲得した、TOYOTA PRIUS apr GTの佐々木孝太と中山雄一、嵯峨宏紀が、今回の予選を振り返った。

●GT300クラス ポールポジション/TOYOTA PRIUS apr GT

佐々木孝太
 今回の僕はこれが開幕戦で、朝の走行でしっかり距離を稼ぎたかったんですが、トラブルで殆ど走ることが出来ず、不安の残る中の予選でした。ただ、aprが作ってくれたプリウスが最高の仕上がりで、雄一もびっくりするタイムだったので、それがいい刺激になりました。

 予選ではウエイトがあまり影響しないけど、決勝ではウエイト+ガソリンも満タンなので、楽なレースにはならないと思います。ドライバーも3人いて、一人一人のパートでしっかりと仕事をして「雄一」のチャンピオンのために嵯峨選手と力を合わせてがんばります(笑)。

中山雄一
 午前中は最初にトラブルが出てしまい、周回を重ねることが出来ませんでした。Q1ではなんとしてもQ2に駒を進めるということが、自分の仕事だったので(Q1で)タイムを出す事が出来て良かったです。

 今シーズン、チャンピオン目指して頑張って行く中で、明日は勝つことがとても重要だと思います(笑)。

 500kmは経験したことが無く、どんな事が起きるのか予測が出来ませんが、満タンから空になるまで走らないといけないという状況は、去年出た鈴鹿のレースに似ていると思うので、与えられた仕事をキッチリ出来れば表彰台も狙えると思うので頑張ります。

嵯峨宏紀
 孝太さんの最高ポール記録がかかっていて、華を持たせる意味でQ2に行ってもらおうと話していたら、有言実行で本当に(ポールポジションが)獲れて本当にうれしいです。500kmのレースでは毎年様々事が起きるので、3人ともどんな状況にも対応できるようなレースでの強さも示せたら、今年のプリウスは強い! というのをライバルたちにも印象付けられんじゃないかなと思います。

(朝のトラブル原因は?)
 企業秘密です(笑)。あまり多くは答えられませんが、ハードウェアでは無く、恐らくソフトウェア的なトラブルです。

 プリウスはデビュー戦の時から富士との相性が良く、この位置からスタートして勝てない理由は無いと思ってます。明日は長いレースで色々なことが起きると思いますが、雄一のチャンピオンのために力をあわせて気を引き締めて頑張って行きたいと思います(笑)。


関連のニュース

本日のレースクイーン

WedsSport RacingGals
宮本りお(みやもとりお)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング