スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.04.15 10:00
更新日: 2019.04.15 11:05

ARTA NSX GT3 2019スーパーGT第1戦岡山 決勝レポート


スーパーGT | ARTA NSX GT3 2019スーパーGT第1戦岡山 決勝レポート

GT300 決勝レポート

雨でのデータがないなかでも検討して2位を確保

 決勝前のウォームアップ走行では雨が降り始め、ウエットコンディションによる走行となった。天気予報では降水確率が高く、レースが終わるまで雨は止みそうにない。

 雨足が強いままスタートを迎えた。セーフティが導入されスタートを切ったが、雨が初めてのARTA NSX GT3は雨のセッティングデータがなく、高木真一選手は難しいドライビングを強いられた。

 2番手の新田選手はペースもよく、今にも抜かれそうだったが、スタート直後の1コーナーで300クラスの車両がコースアウト。すぐにセーフティが導入され、5周後に再スタートが切られた。フロントシップよりもタイヤが暖まりにくいミッドシップのNSXはフロントタイヤの熱を入れるのに時間がかかり、再スタート後の11周目に抜かれてしまう。その直後に300クラスの多重クラッシュがあり、赤旗中断となった。

 約45分の中断後、セーフティ先導でスタートが切られた。雨足は弱まることもなくレースは続いたが、23周目にモスエスでまたもやクラッシュが起こり、セーフティが導入された。主催者側が危険と判断し、30周でレースは終わり、#55 ARTA NSX GT3は2位で初戦を終えた。

土屋圭市アドバイザーのコメント

「まずはお客さんにきちんとレースをお見せできなかったことが残念ですし、申し訳ない気持ちです。しかし、ドライバーの安全を考えると、これ以上レースを続けるのは危険なので、ご理解いただきたい」

「真一は雨のデータもなく、この悪コンディションのなか、予想外のペースで周回してくれたのは大収穫だね」

一瀬俊浩エンジニアのコメント

「雨のデータがなかったのと、良いと思っていたタイヤがこのコンディションと合ってなかったのでウォームアップではあまり良い感触ではありませんでした」

「レースに向けてセットを変更したのでペースは良さそうでしたが、タイヤの暖まりがあまり良くなかったので、順位を下げてしまいました。最大限のポイントを開幕戦で獲れたので良かったです」

高木真一選手のコメント

「雨のデータがほぼゼロだったので、そういうことを考えると、新田さんについていけたのはチームが頑張ってくれたおかげだと思います」

「ただ、フロントにエンジンがないので、フロントタイヤの暖まりが悪かったのですが、初めてのクルマでここまでの順位に持ってくることができたのは上出来だと思います。新田さんに最多勝を持っていかれてしまったので追いつけるように頑張ります」

福住仁嶺選手のコメント

「今回、私自身走ることはなかったのですが、雨でもポテンシャルのあるクルマであることがわかっただけでも大きいですし、ニューマシンで走行がほとんどないなかで、このような結果を残せたのは良かったと思っています。また課題も見えてきたので次も良い結果を残せるように頑張ります」


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

SYNTIUM Cool Tech ANELA
五十嵐みさ(いがらしみさ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング