スーパーGT ニュース

2019.04.16

R&D SPORT 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート


スーパーGT | R&D SPORT 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

第1戦岡山国際サーキット

予選順位:9番手
決勝順位:4位
Team Ranking:4位
Driver Ranking:4位

RACE REPORT
2019.04.14
スーパーGT第1戦 岡山国際サーキット・決勝

SUBARU BRZ GT300 大波乱のレースで4位を獲得

 2019年スーパーGTシリーズの開幕戦『OKAYAMA GT 300km RACE』の決勝が4月14日(日)岡山県美作市の岡山国際サーキットで行なわれました。
 
 前日に行なわれた予選では、9位の位置から決勝レースを迎えましたが、予選終了後ドライバーの山内英輝から加速が鈍いという指摘があり、チームはマシンの総点検を行ないました。可能性のある部位として、燃料系、電装系、制御系、ハードパーツの不具合などのチェックを行ない、制御ソフトの見直しを行ったということです。

 決勝日の天候は雨。レース前のフリー走行では山内、井口ともにドライブし全体3位のタイムで走行できました。午後2時30分、300km/82周のレースは激しい雨の中でスタートとなりましたが、通常のローリングスタートではなく、セーフティカー先導でスタートする方法が取られました。
 
 しかしながら、大雨の影響でスタート直後からコースアウト、接触するマシンが続出し再びセーフティカーが入る展開になります。天候は回復せず、複数台絡んだアクシデントもあり、赤旗中断が2回ありました。

 荒れに荒れたレースでも、山内は冷静に、着実にドライブし、予選9位のポジションを6位にあげ、さらに4位争いをしてる56号車、11号車にプレッシャーをかけ続ける迫力ある走りを見せました。22周目には、その56号車と11号車を山内はパスし、4位に浮上しました。
 
 その後25周目に再びクラッシュしたマシンが出て、セーフティカーが入ります。雨は降り続き好転の兆しが一向にない空模様で、31周目に再び赤旗中断、そのままレースは終了となりました。順位はその時走行していた順位で確定し、SUBARU BRZ GT300は4位でレースを終えることになりました。

SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ R&D SPORT

山内英輝

「開幕戦としては予選9位からでしたので、良い結果だったと思います。コンディションも悪くて、自分の中ではシビれるレースができたかなって感じてます。マシンのセットアップも良くて11号車にプレッシャーかけ続けることもでき、それが結果的によかったですね」

井口卓人

「今回は走っていないんで、山内選手の頑張りのひと言です。6位から4位へジャンプアップしたのもあの位置からプレッシャーかけ続けられたのも良い結果になったんだと思います。再スタート後のペースも悪くないんで、山内選手の頑張りに感謝してます。次は僕がばんばります」

渋谷総監督

「岡山はオフシーズンに2回テストできていて、その時のデータがセットアップに役立ったのが良かったですね。というのは、ヘビーウエットというコンディションでしたので、とにかく前に出て後は抑える展開にできればと考えました」

「そのためにはセットアップを柔らかい方向にして、メカニカルグリップをあげていく戦略でした。車重が軽いので、これだけの大雨だと車重の重いGT3勢が有利ですから、前に出ることが重要という作戦です」

「ドライバーの山内もすごく良い走りをしてくれたので、作戦どおりにいきましたし、このコンディションの中でも前のマシンをプッシュする山内の頑張りが大きいと思います。岡山は直近5年間ポイントが取れなかったので、開幕戦としては好スタートが切れたと思います」

 次戦は静岡県小山町の富士スピードウェイで500kmの長距離レースが、5月3日(金)、4日(土)に行なわれます。今季は苦手としていた富士スピードウェイでも、ラップタイムが速く表彰台を狙えるポテンシャルになっています。みなさんからの声援は力になります、次戦も応援よろしくお願いします。

SUBARU BRZ GT GALS BREEZE
SUBARU BRZ GT GALS BREEZE
R&D SPORT
R&D SPORT


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

YOKOHAMA promotional models
鳴村なか(なりむらなか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング