スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.04.19 11:30
更新日: 2019.04.19 11:56

30号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート


スーパーGT | 30号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 2019スーパーGT第1戦岡山 レースレポート

2019 AUTOBACS SUPER GT
ROUND 1 岡山国際サーキット
開催地:岡山国際サーキット(岡山県)/3.703km
4月13日(予選)
天候:晴れ コースコンディション:ドライ 観客数:1万1000人
4月14日(決勝)
天候:雨 コースコンディション:ウエット 観客数:1万7400人

ニューマシンでの初陣は悪天候とトラブルに泣かされ完走扱いにはならず……

 今年もスーパーGTシリーズは岡山国際サーキットで幕を開け、全8戦での初戦がOKAYAMA GT 300km RACEとして開催された。今年もaprは引き続き2台体制で挑むが、マシンをTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV(ZVW52)にスイッチ。規定の変更と合わせ、駆動方式をミッドシップからFRに改め、さらにTRD開発の5.4リットルのV8エンジン、2UR-Gを新たに搭載することとなった。
 
 カラーリングをイエローベースに改め、大幅に印象を一新した#30 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTをドライブするのは、引き続き永井宏明選手と織戸学選手。タイヤもヨコハマが継続して使用され、マシンこそ新たになったものの、それ以外は不動の体制で挑むこととなる。なおハイブリッドシステムは非装着。大排気量のビッグトルクエンジンを搭載したことから、モーターアシストの力を借りずとも、十分に勝負権ありとの判断による。
 
 今回の舞台である岡山国際サーキットは、中低速コーナーで多くが占められるテクニカルレイアウトで知られ、エンジンパフォーマンスよりコーナリング性能を重視する傾向にある。大幅に一新されたマシンは、空力を徹底的に追及されているだけに、相性は決して悪くなさそうだ。

公式練習 4月13日(土)8:50~10:25

 昨年より1週間遅れでの開催ながら、昨年はほぼ散っていた桜もコースサイドに満開で、天気には恵まれて春めいた雰囲気をただよわせていたものの、肝心な温度は低め。気温10度、路面温度14度がレースウイーク走り初めとなる、公開練習開始直後の温度だった。
 
 最初に#30 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTに乗り込んだのは織戸選手。持ち込みのセット確認を行い、続いて予選モードでの走行に。早い段階で手応えを得る、1分27秒059をマークしたことから、やがて決勝レースに向けたセットアップへと切り替えるとともに、永井選手の走行も開始されることとなる。その永井選手のベストタイムは1分29秒099。セッション後半は再び織戸選手がドライブすることに。この公式練習の順位は21番手、トラブルに見舞われることなく、多くの周回を重ねられたのが、何よりもの収穫だった。

公式予選Q1 4月13日(土)14:45~14:55

 予選Q1は岡山国際サーキットでは初めて2グループに分けられ、#30 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTは最初のAグループでの走行となった。そのQ1担当は織戸選手。気温は16度、路面温度は25度と、公式練習よりは上がったこともあり、さらなるタイムアップに期待が込められた。
 
 入念にタイヤを温めたところで、いよいよ織戸選手はアタックを開始。まずは1分27秒383をマークし、続けて1分26秒598にまで短縮を果たす。さらなる伸びを期待されたラストアタックだったものの、1分26秒576とわずかなタイムアップに留まり、17番手でQ1突破ならず。Q2で待つ永井選手にバトンを託すことはかなわなかった。とはいえQ1突破のラインまでコンマ3秒を切っており、いかに昨今のGT300でレベルの高い争いが繰り広げられているか、改めて証明されることともなっていた。

永井宏明選手

「ほんの少し合わせきれなかった部分もありますが、この新車が出来上がってから全体的な流れは良い方向なので明日に期待です。雨の予報なので、現地応援のファンのみなさまは防寒対策してきてください」

織戸学選手

「0.3秒でQ1敗退となり、少し速さが足りなかった。開幕戦に至るまで、全員の総力で常に全力で進めてきただけに残念でなりませんが、足りなかった要因は分析できてます。明日は、その部分を修正し、晴れても雨でも永井選手とチームと応援くださるみなさまと一緒に上位目指して走ります」

金曽裕人監督

「もう少しでした。路面状況とセットアップがちょっとずれてました。それ以外は織戸選手もかなり攻めてくれたので、今はこの辺りがマシンの実力と判断しています。自分たちの足りない部分、マシンの足りない部分を冷静に判断し、明日も一歩前進させます」


本日のレースクイーン

スフィアライト
祝田加奈美(いわいだかなみ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング