スーパーGT ニュース

2019.05.27

ホンダ 2019スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | ホンダ 2019スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート

Round3
鈴鹿サーキット
2019.05.26(日)
三重県鈴鹿市

#8 ARTA NSX-GT(野尻/伊沢)がHonda勢最上位となる4位入賞

 5月25日(土)~26日(日)、鈴鹿サーキット(三重県)で2019年度スーパーGTシリーズ第3戦が開催され、GT500クラスに5台の2019年型NSX-GT、GT300クラスに3台のNSX GT3が出走しました。ホームコースである鈴鹿サーキットで迎えた第3戦は、真夏を思わせる日差しの下で繰り広げられました。

 土曜日に行われた公式予選では、8台で行われるQ2に4台のNSX-GTが進出。NSX-GT勢ではもっとも重いウエイトハンディを科せられたNo.8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也)が3番手、No.16 MOTUL MUEGN NSX-GT(武藤英紀/中嶋大祐)が6番手、No.1 RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴/ジェンソン・バトン)が7番手、No.17 KEIHN NSX-GT(塚越広大/ベルトラン・バゲット)が8番手につけました。

 前日に引き続き、決勝日も朝から晴天となり、午後2時半の決勝レース前には気温29度、路面温度42度に達しました。ドライコンディションで通常スタートが切られるのは今シーズン初めてのことです。

 クリーンなスタートを経て、No.8 ARTA NSX-GT(伊沢)はひとつ順位を落とし4番手でレースを始め、7周目には周回遅れの処理の過程でさらに5番手まで順位を落としました。
 
 しかし18周目からセーフティカーが介入し、23周目にレースが再開されると、ピットイン義務を消化するチームが相次いだため順位が変動し、その間にドライバー交代を行なったNo.8 ARTA NSX-GT(野尻)は実質的な4番手のポジションを取り戻しました。後方5番手にはNo.16 MOTUL MUGEN NSX-GT(中嶋)、6番手にはNo.1 RAYBRIG NSX-GT(バトン)が続きます。

 レース終盤、No.16 MOTUL MUGEN NSX-GT(中嶋)はタイヤトラブルで、No.1 RAYBRIG NSX-GT(バトン)は周回遅れから接触を受けた影響で、それぞれ後退しましたが、No.8 ARTA NSX-GT(野尻)は前方を走る3台のレクサス勢に迫り、上位争いを展開しました。

 しかし順位を入れ替えるには至らず、炎天下52周のレースを4位で走りきってチェッカーフラッグを受けました。この結果、No.8 ARTA NSX-GT(野尻/伊沢)はNSX-GT勢最上位のドライバーランキング4番手につけて、タイで開催されるシリーズ第4戦に臨むこととなりました。

■コメント


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

Mobil1 レースクイーン2019
佐崎愛里(ささきあいり)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング