スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.09.17 13:08
更新日: 2019.09.17 13:14

Arnage Racing 2019スーパーGT第6戦オートポリス レースレポート


スーパーGT | Arnage Racing 2019スーパーGT第6戦オートポリス レースレポート

SUPER GT Rd.6 AUTOPOLIS 300km RACE
Arnage Racing Team Release

難しいコンディションのレースを今季最高位の12位で完走、
チームポイント3を獲得する

 シリーズ第6戦は大分県のオートポリスで開催される『Autopolis GT300kmレース』

 週末の阿蘇地方は台風の影響による天候の急変が懸念されていた。またオートポリスは例年路面が悪く、いつもピックアップで悩まされるサーキットでもある。前戦富士からのよい流れをこの九州の地でも継続できるよう、準備万端整えてチームはサーキット入りした。

9/7 予選

天候:曇り、ドライ
気温:Q1開始時 26度/路面温度 35度
入場者数:1万10人

 昨シーズンよりも2カ月近く早い開催となった第6戦のオートポリスの初日は、台風の接近の影響か、予想外に蒸し暑く、厚い雲間から時折薄日が覗くもののすっきりとしないコンディションのスタートとなった。

 8時50分から行われた公式練習では、山下亮生選手と加納政樹選手が交互にコースに出てマシンのフィーリングを確認した。チームは、一旦富士大会で好調だったハードタイヤをチョイスしてマシンをコースに出したが、コースは阿蘇からの火山灰が舞っているようで埃っぽく、終始グリップ不足のような状態に悩まされる。チームはタイヤをミディアムハードに履き替え、一定のグリップが得られることを確かめた。

 14時30分から予選が行われ、Q1担当の山下選手がコースに出た。決勝に向けて少しでもタイヤを温存するため、山下選手はワンチャンスに賭け、慎重にタイヤに熱を入れて3Lap目に1分46秒951をマーク、早々にピットに戻ってきた。結局ARNAGE AMG GT3はQ2進出とはならなかったが、山下選手のナイスアタックで、翌日の決勝を24番グリッドから戦うこととなった。

ARNAGE AMG GT3(加納政樹/山下亮生)
ARNAGE AMG GT3(加納政樹/山下亮生)

9/8 決勝


スーパーGT News Ranking

本日のレースクイーン

SYNTIUM Cool Tech ANELA
五十嵐みさ(いがらしみさ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング