スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.09.27 15:34

30号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 2019スーパーGT第7戦SUGO レースレポート


スーパーGT | 30号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 2019スーパーGT第7戦SUGO レースレポート

2019 AUTOBACS SUPER GT
ROUND 7 スポーツランドSUGO
開催地:スポーツランドSUGO(宮城県)/3.704km

9月21日(予選)
天候:曇り
コースコンディション:ドライ
観客数:1万2000人

9月22日(決勝)
天候:雨
コースコンディション:ウエット
観客数:2万5100人

予選はついに Q2進出! 決勝は攻めのタイヤ選択が裏目に。無念の25位に終わる。

 絶えず激戦が繰り広げられるスーパーGTシリーズも、いよいよ残すは2戦となり、シリーズ第7戦がスポーツランドSUGOで『SUGO GT 300km RACE』として開催された。今年もaprは引き続き2台体制で挑むが、マシンをTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV(ZVW52)にスイッチ。規定の変更と合わせ、駆動方式をミドシップからFRに改め、さらに5.4LのV8エンジン、2UR-Gを新たに搭載することとなった。

 #30 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTをドライブするのは、引き続き永井宏明選手と織戸学選手。タイヤもヨコハマが継続して使用される。

 前回のオートポリスでは予選こそ26番手だったものの、不安定な天候に乗じて決勝では徐々に順位を上げることが期待されるも、駆動系トラブルに見舞われて無念のリタイアを喫している。

 今回の舞台であるSUGOもまた、オートポリス同様、アップダウンの激しいテクニカルコースだ。前回から仕様が改められたエンジンは、高地に位置するコースではそれほど威力を発揮できなかったが、山の上とはいえ高度が半分以下のSUGOであれば、ピックアップや低速トルクの向上によってメリットを産むことが期待される。また、今回はウエイトハンデ半減のレースではあるが、それでも重さが影響を及ぼしやすコースでもあるだけに、ノーハンデのメリットを大いに活かしてくれそうだ。

公式練習
9月21日(土)9:00~10:35

 このレースウイークも直前になって台風が発生。幸いにして直接の影響が及ぶことはなさそうだが全体的に天気はぐずつき具合で、実際に直前の天気予報では悪天候となるとされていた。だが、土曜日に関しては、なんとかドライコンディションが終始保たれた。

 今回も最初に織戸選手が#30 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTに乗り込み、まずはチェック走行が行われた。その後、気温は16度、路面温度は21度と安定の状態だったこともあり、本格的な走行が開始され、織戸選手は徐々にラップタイムを上げていく。

 間もなく30分を経過しようというところで、1分19秒226をマークして、その時点での8番手に。スピードの確認ができたことからその後ピットに戻って決勝レースに向けたセットアップ、タイヤ選定が行われていくこととなる。

 今回、それほど長い時間ピットに留まることがなかったのは、持ち込みセットの方向性が正しかったことを意味している。ここまでの6戦でトライ&エラーを重ねながらも積み重ねてきたデータがようやく生かされるようになってきたようだ。

 1時間15分ほど経過したところで、いよいよ永井選手の番に。セッション終了まで挟んだピットは一度だけ。ここでしっかりマイレージを稼いでもらおうという配慮による。

 徐々にタイムを刻んでいった永井選手は、最後10分間のGT300専有セッションでは1分22秒913をマークするまでに。決勝レースでのコンスタントラップに期待が持てそうだ。

今季初めてQ2に進出したTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(永井宏明/織戸学)
今季初めてQ2に進出したTOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(永井宏明/織戸学)

公式予選Q1
9月21日(土)14:00~14:10

 引き続きドライコンディションが保たれた予選、そのQ1は開幕戦・岡山以来となる2グループに分けての計測となり、#30 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTはAグループでの走行となった。今回もQ1担当は織戸選手。気温は19度、路面温度は31度にまで上昇したものの、何か影響を及ぼすようなコンディションとはなっていなかった。

 SUGOは1周の短いコースということ、さらにレイアウト上、左右のタイヤを同時に温めにくい。そこでウォームアップは入念に行われ、アタックは計測4周目から開始されることとなった。

 まずは1分20秒085をマークした織戸選手は、充分な手応えを得られたこともあって、さらにコースを激しく攻め立てていく。その結果、記されたタイムは1分19秒159。ボーダーライン上スレスレではあったものの、グループ8番手でQ1突破に成功し、ついに永井選手にバトンをつなぐことに成功した。

公式予選Q2
9月21日(土)14:53~15:03

 今年初めてQ2を担当する永井選手とあって、織戸選手のインフォメーションをしっかり受けた上での走行となった。ウォームアップはしっかりと行われ、Q1同様計測4周目からのアタックに。

 まずは1分21秒433を記し、このレースウイークの自己ベストを更新すると、次の周には1分20秒904でタイムアップ。さらに縮めていきたいところだが、すでにタイヤはピークを超えていた。

 一時は15番手につけていたものの、終了間際にタイムアップした車両もあったことから、18番手となったとはいえ、#30 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTにとって、今季ベストリザルトを収めることに成功した。

■コメント

永井宏明選手

「久しぶりのQ1突破がまずはうれしく思います。応援下さる皆様、関係者の皆様に感謝しております。車は、まだまだセットアップが詰め切れておらず、攻めるほど難しい挙動があり、想定するタイムを出せませんでした」

「そうは言いながらやっと方向性が見えてきており流れも良いので、もう少しセッティングをアジャストして明日に挑みたいと思います。決勝は確実に走れば、結果は伴うと思います。心配なのは天候だけです」

織戸学選手

「もう今年も残すところ2戦。あっという間で、新車のPRIUS PHVのシェイクダウンからワクワクと苦労の連続で今に至っている事を思い出します。その苦労が実り、今回チーム2台ともにQ1突破は、本当にうれしいです。応援下さっている皆さま、チームの皆さんに感謝です」

「明日は雨模様ですが、とにかく前へ前へ攻めて行きますので応援よろしくお願いいたします」

金曽裕人監督

「ようやくQ2進出を果たしてくれました。前回から投入の規定エンジンが、いよいよ本領を発揮してくれて、シャシーのセットアップも順調に進んでいます」

「ただ、本当のもっともっと先に行きたい部分に関しては、まだ時間不足ということで完全には詰めきれていないのですが、その分をふたりのドライバーが補ってくれました。決勝レースでも、何事もなくしっかり走れれば、ポイント圏内には確実に行ける気がします」

「雨が降りそうですが、恵みの雨にもなる可能性がありますので、ご期待ください」

決勝レース(91周)


本日のレースクイーン

RAYBRIG
黒崎はるか(くろさきはるか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング